『東京リベンジャーズ』吉沢亮&山田裕貴、過去にディープなキス?“イケメンですね”「言われすぎて覚えてない」

映画『東京リベンジャーズ』大ヒット御礼舞台挨拶が17日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、吉沢亮、山田裕貴が登壇した。

和久井健原作のコミックス「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化。関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む主人公・花垣武道(タケミチ)役に北村匠海が扮するほか、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮らが出演。監督を『賭ケグルイ』シリーズなどで知られる英勉が務める。

先日の7月9日に公開となった本作は、3日間の興行収入約7億円、累計動員数は50万人越という週末興行成績No.1のロケットスタートを切った。不動の人気を誇る最強コンビ、マイキー&ドラケンを演じた吉沢と山田は、夏らしい浴衣姿でイベントに登壇。大きな拍手があがった。

大ヒットスタートに吉沢は「本当に素晴らしいですよ。撮影当時、コロナで撮影が飛んだりして不安の中みんなで頑張ってきた。公開時期もズレましたが、その間アニメでものすごい人気が出たり…みんなで苦しい思いをしても負けずに頑張ってきた分、追い風が映画を後押ししてくれている。リベンジャーズだなぁ、俺ら!」と喜びをあらわに。

アクションはもちろん、ビジュアル面でも話題となっているマイキー&ドラケン。山田は「原作ファンの方からすると、ビジュアルってすごく重要だと思うんです。(サイドの髪を)剃らずにドラゴンのタトゥーもなかったら、それはもうドラケンじゃない。まずビジュアルを寄せてからがスタートだと思っていました」と明かす。吉沢も「(金髪は)ごめんなさいカツラなんですが、僕は黒髪マイキーに注力を注いでいました。ビジュアルを寄せていくことで役も入ってくるんです」とコメントした。

アクションシーンも見どころの一つだが、吉沢は「マイキーのハイキックをどう表現するか。実は原作のマイキーよりアクロバティックに、カポエラを取り入れたりしていましたね。体バッキバキに硬いので、サウナとかで毎日柔軟したりしていました」とハニカミ。山田も「ドラケンの大技、ドロップキック。15cmくらいのインソールを入れてやっていたので結構大変でした(笑)」と明かした。

プライベートでも親交の深い2人。気になる初対面のエピソードについて聞かれると、山田は「お互い戦隊もの出身で、舞台挨拶かなんかが一緒だった時に、メイク部屋で隣になって初めて喋りかけたのが『ものすっごいイケメンですね』って一言」と話す。吉沢は「覚えてないんですよね。言われすぎてて(笑)」と笑みをこぼした。

一方で吉沢は、「共演シーンはなかったんですが、映画の打ち上げで一緒になって。ほぼ初対面な状態で結構ディープなキスをしました。お酒も入ってて、なんでかわからないけどキスする流れになったんです(笑)いろんなところで男と男がキスすることが勃発してて。山田くんとディープな接吻をしましたね(笑)」と暴露した。

今回の共演で、お互いの印象が変わったか聞かれると、吉沢は「(山田の)お芝居への熱量や人への愛情はキスした時から変わらない。今回の撮影が止まった時に、空いた2か月間へのモチベーションをどうしていいのかわからない時があった。山田くんに相談した時に、『いつ(撮影が)始まるかもわからないこの状況で、わからないものに対して不安を持ち続けるよりも、一回全部忘れて、自分の好きなことをやろうよ。やれるって決まったらまた本気出せばいいんだから』と言われて…めっちゃイケメンやん!」と告白。

山田も「あまり表には出さないけれど、彼はものすごい熱い男なので。お芝居に対して妥協しない、すごく考えている人。ルックスだけじゃない良さがお芝居にある。彼のお芝居が好きで、それも相まって好き。変わらず大きになっている感じですね。尊敬してます!」と仲睦まじい様子をのぞかせた。

映画『東京リベンジャーズ』は大ヒット公開中

(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズ

4.2
2021/7/9(金) 公開
出演
北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮
監督
英勉