2021年最も映画館で観たい映画『サウンド・オブ・メタル』odessa特別先行上映が決定!

10月1日(金)からの劇場公開に先駆け、映画『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』のodessa特別先行上映が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて実施される。

サウンド・オブ・メタル
『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』 (C)2020 Sound Metal, LLC. All Rights Reserved.

本年度アカデミー賞主要6部門ノミネート、音響賞・編集賞を受賞した本作。ドラマーとして生きる主人公ルーベンに突然訪れる難聴という状態を、あたかも彼のおかれた 状況に観客も引き込まれ、擬似体験している錯覚を与えるような作品だ。

この度、10月1日(金)からの劇場公開に先駆け、ヒューマントラストシネマ渋谷のodessaという音にこだわった設備のスクリーンで先行上映が決定。また、本作の良質なドラマ性が伝わるデザインとなっている日本公開用のアートワークも完成した。映画評論家の町山智浩は「アカデミー賞に輝く音響設計で、『聴こえなくなること』を観客に経験させる。それは絶望ではない。音の代わりに、皆が失っている『静けさ』を獲得するのだ。」と絶賛のコメントを寄せている。

サウンド・オブ・メタル
『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』 (C)2020 Sound Metal, LLC. All Rights Reserved.

【odessa特別先行上映】
日程:9月16日(木)
時間:19時上映開始
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷 東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル8F(明治通り沿い・MIYASHITA PARKの向かい側)
スクリーン:シアター1 odessa
鑑賞料金:通常料金(一般1800円、学生1500円、ハンディキャップ割引1000円)
座席販売:劇場HPにて9月14日(火)AM00:00より販売開始
劇場HP:https://ttcg.jp/human_shibuya/

<odessa:アートハウスの最先端として妥協のない音作りを>
optimal design sound system(+α)の略。「劇場ごとに最適化されたサウンドシステム」に「劇場独自の映画体験が付加される」という意味で、メインシステムは、コアキシャル(同軸)型3ウェイ・シネマシステムを導入。高域・中域を1箇所から出力する事により、位相干渉を無くし、距離による偏差を少なくしている。また地を這うような低域が、特徴的な2つのウーハーから出力される。サラウンドスピーカーは、メインシステムと音色を揃えるためにコアキシャル(同軸)型に設計され、サブウーハーも劇場の環境に合わせ最高のポテンシャルを発揮できるよう設計。従来の劇場クオリティから一段グレードアップしたスタジオクオリティ音響を体験できる環境を実現。

映画『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』は10月1日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開

(C)2020 Sound Metal, LLC. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~

--
2021/10/1(金) 公開
出演
リズ・アーメッド/オリヴィア・クック/ポール・レイシー/マチュー・アマルリック/ローレン・リドロフ
監督
ダリウス・マーダー