ボンドガールに抜擢!世界で活躍する仏女優レア・セドゥの魅力【監督・俳優のすすめ Vol.15】

トム・クルーズ主演の人気シリーズ『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の美しい女スパイ役で印象を残し、アブデラティフ・ケシシュのフランス映画『アデル、ブルーは熱い色』ではカンヌ国際映画祭史上初めて女優としてパルム・ドール(最高賞)を贈られるという快挙を果たした、今最も注目の女優。様々な映画へ出演を重ねながら、大人気シリーズ最新作『007 スペクター』のボンドガールの役を射止め、大躍進中のレア・セドゥの魅力に迫る。

確かな演技力で大役に抜擢!注目度No.1の若手女優

レア・セドゥは2006年『Mes copines』で映画デビュー。最初に注目を集めたのは2008年『美しいひと』。本作で第34回セザール賞(フランスのアカデミー賞)有望若手女優賞にノミネートされた。その翌年にはいきなり母国フランスを飛び出して、クエンティン・タランティーノ監督『イングロリアス・バスターズ』、リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演『ロビン・フッド』、トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』といったハリウッドの超大作にたて続けに出演。

一方で、『マリー・アントワネットに別れをつげて』、ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』、ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル』、フランスの古典を実写化した『美女と野獣』のほか、母国フランスを含むヨーロッパ映画などにも数多く出演し、国際的女優として活躍してきた。2010年『美しき棘』では再びセザール賞の有望若手女優賞にノミネートされ、2013年『アデル、ブルーは熱い色』では女優としては異例のカンヌ映画祭パルム・ドール受賞と、その確かな演技力を評価された。映画祭後、レア・セドゥへの注目は一段と高まり、『007 スペクター』でボンドガール役に大抜擢された。

主役から脇役まで幅広く演じるレア・セドゥは、目が離せなくなる独特の佇まいと、それだけで心情が伝わってくる眼差しで、たとえ台詞がない役でもその出演時間に関わらず、観客に強く印象を残す女優である。今後は、グザヴィエ・ドラン監督の新作への出演のほか、チャニング・テイタム主演の『X-MEN』スピンオフ作品『ガンビット』のヒロイン役を演じるとの噂もあり、ますますその活躍から目が離せない。

007Spectre_LeaSeydoux2
レア・セドゥの魅力にハマる傑作映画を厳選!

『美女と野獣』(2014)

あまりにも有名なラブ・ストーリーの金字塔を、『ジェヴォーダンの獣』のクリストフ・ガンズ監督が本国フランスにて実写映画化。「なぜ、王子は野獣になったのか」という秘密をベルが解き明かす、これまでのアニメーションや映像化作品では描かれなかった物語になっている。

野獣の城に囚われるベルは、本作では強い意志を持ち自分で運命を切り開こうとする現代的な女性として描かれている。少女から大人へと成長するベルを、レア・セドゥがその美しさと落ち着いた佇まいで演じている。レア・セドゥが着こなすドレスの数々も素晴らしい。ディズニーのアニメーション映画で広く知られる物語の実写化ということで話題になり、レア・セドゥの名がさらに注目度を増した作品。

美女と野獣

『アデル、ブルーは熱い色』(2013)

高校生の少女が、ある日街で偶然出会った青い髪の美大生に惹かれ、互いに心も肉体も求め合うようになっていく情熱的で壮大な愛の物語。監督は『クスクス粒の秘密』のアブデラティフ・ケシシュ。新星アデル・エグザルコプロスもレア・セドゥと共に本作で一躍注目を浴びた。

普段の金髪から一変して、青い髪のショートカット姿で美大生エマ役を演じるレア・セドゥ。これまで他の作品では見られなかったレア・セドゥの様々な表情の演技に、劇中ひと目で心を奪われたアデルと同様に魅了される観客が続出。カンヌを衝撃と感動で包んだ“美しくも衝撃的なラブシーン”での体当たり演技も必見。

アデル、ブルーは熱い色

レア・セドゥの最新映画をご紹介!

12月4日(金)からはレア・セドゥ出演の新作が2本同時に公開される。
1本目は長年続く人気シリーズの最新作『007 スペクター』。監督は前作に引き続きサム・メンデスが務め、主演はジェームズ・ボンド役はこれが4本目となるダニエル・クレイグ。M役にレイフ・ファインズ、Q役にベン・ウィショー、ミス・マネーペニー役にナオミ・ハリスが続投。新キャストとして加わったレア・セドゥは、イタリアの女優モニカ・ベルッチとともにボンドガールとして出演。レア・セドゥ演じるマドレーヌ・スワンは、『007 慰めの報酬』で登場したMr.ホワイトの娘ということ以外は謎に包まれている。ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドとどのような関係が描かれるかにも注目。

007Spectre_LeaSeydoux
007Spectre_DanielCraig

2本目はファッション・デザイナー イヴ・サンローランの激動の10年間を描く『SAINT LAURENT/サンローラン』。イヴ・サンローラン役にはギャスパー・ウリエル、ピエール・ベルジェ役にはジェレミー・レニエ、ジャック・ド・バシェール役をルイ・ガレルが演じる。監督たっての希望でキャスティングされたレア・セドゥは、イヴ・サンローランのミューズ、ルル・ド・ラ・ファレーズ役を演じる。演技以外にも、ブランドの広告モデルに起用された経験を持つレア・セドゥの絢爛な衣装の着こなしは必見。

SaintLaurent_LeaSeydoux
SaintLaurent_GaspardUlliel

PROFILE
レア・セドゥ(Léa Seydoux)
1985年、フランス・パリ出身。祖父はフランスの大手映画製作会社パテ(Pathé)の会長、大叔父は同じく大手映画会社ゴーモン(Gaumont)の会長兼CEOという、フランスでは広く知られる家系に生まれる。子供の頃はオペラ歌手を目指していたが、俳優である友人の影響で女優になることを決意し、フランスとニューヨークのアクターズ・スタジオで演技を学び映画の世界へ。女優以外にPRADAやMIU MIUといったファッションブランドの広告モデルにも起用された。

映画情報

007Spectre_poster
『007 スペクター』
12月4日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://www.007.com/spectre/?lang=ja
【監督】
サム・メンデス
【出演】
ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ、クリストフ・ヴァルツ、アンドリュー・スコット
(2015/アメリカ)

SPECTRE ©2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.

SaintLaurent_poster
『SAINT LAURENT/サンローラン』
12月4日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://saintlaurent.gaga.ne.jp
【監督・脚本・音楽】
ベルトラン・ボネロ
【出演】
ギャスパー・ウリエル、ジェレニー・レニエ、ルイ・ガレル、レア・セドゥ
(2014/フランス/151分/カラー/ビスタ)

© 2014MANDARINCINEMA – EUROPACORP – ORANGESTUDIO – ARTEFRANCECINEMA – SCOPEPICTURES / CAROLEBETHUEL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で