成海璃子×池松壮亮×斎藤工の映画『無伴奏』新たな場面写真を公開!さらに、注目の若手女優から熱いコメント到着!!

『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が、門脇麦が単独初出演を務める映画『二重生活』など、今話題の直木賞作家・小池真理子による半自叙伝的同名小説を、成海璃子、池松壮亮、斎藤工らで完全映画化する映画『無伴奏』(3月26日[土]全国公開)の新たな場面写真が解禁された。

無伴奏_main1969年、日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代。仙台の進学校に通う多感な女子高校生の響子(成海璃子)は、クラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」で、渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。仲を深めた男女4人は、嫉妬や不安に駆られながらも繋がろうとする、四角関係の切ない恋を描いた作品。

無伴奏_main2そして、今回解禁されたのは、成海璃子演じる響子、non-noモデル・遠藤新菜演じる祐之介(斎藤工)の恋人エマが笑いあう場面、エマが祐之介の背後からりんごの皮を剥いているシーン、池松壮亮演じる渉と松本若菜演じる勢津子の意味深げな関係が伝わる様子などのスチール写真の数々。

無伴奏_1 無伴奏_3無伴奏_5

さらに注目すべきは、成海演じる響子の親友のレイコ役・酒井波湖と、ジュリー役・仁村紗和の若手女優。酒井は、100mの自己ベスト12秒77という記録を持つ、自称“走れる女優”、仁村は、深津絵里と共演した住友生命「あの人の生活保険」篇、NTT docomo PREMIUM 4G「Get Speed」篇などに出演するなど、話題を集めている2人。無伴奏_6

完成した本作を見たときの感想について酒井は「自分がスクリーンに映るのが直視できませんでした。とにかくはずかしかったです。」と語り、仁村は「苦しいだけど、愛してる、、言葉にできないような感情が生まれました。」とコメント。また、矢崎監督作品が映画初出演になったことについて酒井は「人について、映画について、こんなにも考えさせられた時間はありません。」と振り返り、仁村は「映画初出演で分からないことも多くすべてが勉強でしたので焦らずゆっくり自分で探っていけた気がしていて、ありがたかった部分はあります。」と述べた。

なお、2種類のポストカードセット付の劇場前売券は、新宿シネマカリテ、丸の内TOEI、池袋シネマ・ロサおよび、下記WEBサイト「メイジャー」にて販売中。
https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20151226013

前売り特典ポストカードA

前売り特典ポストカードB

映画『無伴奏』は、3月26日、新宿シネマカリテほか全国ロードショー

【STORY】
1969年。日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代に仙台の高校に通う多感な女子高校生の響子(成海璃子)。同級生のレイコやジュリーとともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。そんな響子が気がかりな両親は仕事の都合で東京に引っ越すが、仙台の進学校に通う響子は、仙台の叔母のもとで過ごすことになる。レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。この喫茶店では、好きな音楽をリクエストできるのか、バッヘルベルのカノンをリクエストする渉。響子は、席が隣り合わせになったそんな渉に興味を抱く。ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会する。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく・・・。

【CREDIT】
出演:成海璃子/池松壮亮/斎藤工/遠藤新菜/松本若菜/酒井波湖/仁村紗和/斉藤とも子/藤田朋子/光石研
監督:矢崎仁司
原作:小池真理子『無伴奏』(新潮文庫刊、集英社文庫刊)
製作:重村博文/川村英己/西田宣善
プロデューサー:登山里紗/山口幸彦/楠智晴
脚本:武田知愛、朝西真砂
主題歌:「どこかへ」Drop’s(STANDING THERE, ROCKS / KING RECORDS)
配給:アークエンタテインメント
製作:「無伴奏」製作委員会(キングレコード/アークエンタテインメント/オムロ)
2015年/日本/カラー/16:9/5.1ch/132分/R15+

HP:mubanso.com
twitter:mubansou_movie
instagram:mubansou_movie

©2015 「無伴奏」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で