『ファンスタティック・ビースト』海外最新予告、 原作者J.K.ローリングが描くヒーロー像とは

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年11月23日公開予定)の海外特報が公開された。この新しく公開された映像では、『ハリー・ポッター』シリーズの著者であり、本作の製作兼脚本家を務めるJ.K.ローリングが自らの描くヒーロー像について言及している。

FB1_Newt_featurette_WM_Tina_and_Newt

ローリングは「私が描くヒーローというのはいつも自分自身が、他の人とは違うと感じ、非難され、あるいは他の何かを心に抱いている人物なの。それが私の書く中心な部分であり、この映画の本質である」と明かしており、”Fantastic Beasts and Where To Find Them”はハリー・ポッターがホグワーツで使っていたテキストであり、『ハリー・ポッター』シリーズ執筆時にすでにニュート・スキャマンダーにとても興味を持ち、彼についてはよくわかっていたという。

FB1_Newt_featurette_WM_Tina_and_Newt_on_the_run

さらに、「ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は自らを魔法動物学者と称し、世界中を旅して変わった魔法動物を研究し、見た目のサイズ以上の大きなスペースを持つ魔法のトランクにその動物たちを集めていたのだ」とローリングは語っている。

FB1_Newt_featurette_WM_Jacob_with_Newt_s_case_

ニュート役を演じたエディ・レッドメインは「ニュートはほかの人間といるよりも、動物たちといたほうが居心地がいいんだ」と話しており、ニュートが初めて来たアメリカ社会(魔法界と人間界)について全く理解していないなか、ジェイコブが魔法動物の入ったトランクを開けてしまい、ニュートの新たなアドベンチャーが始まる。

FB1_Newt_featurette_WM_Bowtruckle_raspberry
FB1_Newt_featurette_WM_Jacob_Tina_Newt_MACUSA

この特報には植物みたいな生物やニュート、ジェイコブ、アメリカの魔女ポルペンティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)の新映像も含まれている。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は2016年11月23日(水・祝)全国公開

【Credit】
監督:デイビット・イェーツ
キャスト:エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/アリソン・スドル/ダン・フォグラー/エズラ・ミラー

参考:http://www.ew.com/article/2016/06/23/fantastic-beasts-jk-rowling-newt-scamander-featurette,https://www.pottermore.com/news/introducing-newt-scamander-fantastic-beasts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で