今週末公開の映画情報(2014年10月29日号)

★伝説のヒーローたちに課せられた究極のミッション! シリーズ最高の顔合わせが実現!★
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』 11月1日(土)公開

監督:パトリック・ヒューズ
出演:シルベスター・スタローン/ハリソン・フォード/メル・ギブソン/ジェイソン・ステイサム/ジェット・リー 他
EXP3_poster(C) EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.

シルベスター・スタローンの脚本・主演でアクション界のオールスターたちが豪華共演する人気シリーズ『エクスペンダブルズ』の第三作。前作までのジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥア、テリー・クルーズ、アーノルド・シュワルツェネッガーは続投し、今回新たに『インディ・ジョーンズ』のハリソン・フォード、『マッドマックス』のメル・ギブソン、『デスペラード』のアントニオ・バンデラス、『ブレイド』のウェズリー・スナイプスらが加わり、そしてボクシングチャンピオンのヴィクター・オルティスや女子総合格闘技現役チャンピオンのロンダ・ラウジーなどリアルファイターまでもが顔を揃える。監督を務めるのは、『レッドヒル』でスタローンにその才能を高く評価された新鋭パトリック・ヒューズ。

最強の傭兵軍団“エクスペンダブルズ”を率いるバーニー(シルベスター・スタローン)に下されたCIAの作戦担当ドラマー(ハリソン・フォード)のミッション。それは、かつて共にエクスペンダブルズを結成した仲間であり、現在は悪に染まった組織の大物ストーンバンクス(メル・ギブソン)の捕獲作戦だった。ニューヨーク、モスクワ、ブカレスト、メキシコ、アフリカ、世界で繰り広げられる仇敵との攻防。だがエクスペンダブルズの弱点を知り尽くした最強の敵・ストーンバンクスの力の前に、決して若くないチームの仲間たちの身を案じたバーニーは、チームを解散し、若いメンバーと新たにチームを組んで挑む。解散を言い渡された男たちのとった行動とは? そして、CIAドラマーが隠し持つ驚愕の切り札とは―。

★ラブストーリーの名作を実写映画化★
美女と野獣』 11月1日(土)公開

 
監督・脚本:クリストフ・ガンズ
出演:ヴァンサン・カッセル/レア・セドゥ/アンドレ・デュソリエ 他
(C)2014 ESKWAD – PATHÉ PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – ACHTE / NEUNTE / ZWÖLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS

野獣と美しい娘ベルが織り成すファンタジーの名作「美女と野獣」。小説や絵本、アニメーション、映画など、形を変えて語り継がれてきたが、なぜ王子は野獣に身を落としたのか、その秘密はほとんどの作品の中でいまだ描かれていない。フランスで生まれたこの物語の深淵に挑むのは、『ジェヴォーダンの獣』『サイレントヒル』の監督クリストフ・ガンズ。1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説をもとに、野獣の“隠され続けてきた”過去に光を当てる。美しきヒロイン・ベルをカンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールにも輝いたレア・セドゥ、野獣役を『ブラック・スワン』などで強烈な存在感を見せてきたヴァンサン・カッセル。おとぎ話でありながら、大人をも魅了し続ける傑作が、新しい驚きを息吹に、かくも切なく、かくも豪華に生まれ変わる。

都会の贅沢(ぜいたく)な暮らしに別れを告げ、田舎へと引っ越すことになったベル(レア・セドゥ)。裕福な商人だった父が、財宝を積んだ船を嵐で失い、破産したのだ。ある日、吹雪に見舞われ死に瀕した父は、森の奥にたたずむ古城を見つけ、庭に咲いた一輪のバラをベルの土産にと摘み取ってしまう。突然、怒りに燃えた恐ろしい野獣が姿を現し、バラの代償に父の命を要求する。1日だけ猶予を与えられ家に戻った父から一部始終を聞いたベルは、翌朝、野獣の城へ出向き、父の身代わりに囚われることになる。死を覚悟していたベルだが、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。

★この映画が、ドラキュラのイメージを覆す★
ドラキュラ ZERO』 10月31日(金)公開

監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス/サラ・ガドン/ドミニク・クーパー/サマンサ・バークス 他
poster_app(C)Universal Pictures

ブラム・ストーカーの古典小説「ドラキュラ」に登場する吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルとも言われる、15世紀半ばにトランシルヴァニア地方を治めた君主ヴラド・ドラキュアの英雄伝説を最新のVFXでゼロから描くアクション・エンターテイメント。ヴラドを演じるのは、『ワイルド・スピード EURO MISSION』『インモータルズ 神々の戦い』、『ホビット』シリーズなどで知られる英俳優ルーク・エバンス。その妻ミレナを『危険なメソッド』『コズモポリス』のサラ・ガドンが務める。監督は、CMディレクターとして活躍し、これが長編映画監督デビュー作となるゲイリー・ショア。

横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わすこととなるヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)。しかし、それと引き換えに耐えがたい代償を払うことに…。守るべき配下から「悪魔が乗り移った!」と恐れられながらも、何万もの兵を一瞬にして蹴散らすほどの強大な力を手に入れたヴラド。果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか―?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で