『タートルズ』公開アフレコ、 宮川大輔がオリラジ藤森の“屁”を暴露「プーじゃなくてパチって音がしたで!」

映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』公開アフレコイベントが25日、都内・東京テレビセンターにて行われ、ロックステディ役の宮川大輔、ビーバップ役の藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が出席した。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ

前作に引き続き、製作はマイケル・ベイが務め、ヒロインはミーガン・フォックスが続投する本作。影の軍団ニンジャ・タートルズが、世界を救うためニューヨークの街を飛び出し、今度は世界を舞台に暴れ回る。新たに加わる強力な仲間・ケイシー・ジョーンズにはDCコミックス原作のドラマ「ARROW アロー」シリーズ主演のスティーブン・アメルが参戦する。

タートルズの等身大スタチューが用意された会場に、ロックステディとビーバップをイメージして、レザーベストにチェーンなど敵キャラモード全開の身なりで報道陣の前に登場した2人。衣装について宮川は「僕は皮とか着たことないのですごい恥ずかしいですね~!藤森なんて写メ撮りまくってましたよ!」と興奮。藤森は「チャラさもあるしイイ感じ!」とにっこり。

声優初挑戦の宮川は「アフレコは難しいですね!藤森とは仕事ではこういった掛け合いはしたことがないので、普段接しているような感じでやりたいと思います」と語り、それぞれが演じるキャラクターについて「このキャラクターはとにかくバカでテンションの高い役なので、その辺りに注目していただきたいです」とコメント。ビーバップ役の藤森は「大先輩とやらせていただいた掛け合いにも是非注目していただけたらと思います!」とアピールした。
ミュータント・ニンジャ・タートルズ
アフレコ本番の前にリハーサルが用意され、順調にこなす2人だが、バックにいたタートルズのリーダー・レオナルドから「おいおいお前ら、もっと気合い入れてやれよ!」と声が。驚くままにアフレコがスタートするも、本番中レオナルドが「そういえば大輔、言い忘れたが、アフレコをするときは…」「手のひらに<亀>という字を3回書いて飲み込め」などと話しはじめ、宮川が「ちょっと映像ストップ!もう始まってんねん!」とツッコミ。まだまだ止まらない無駄口に「4人の全員の声がはいってんねん!しかもいってることが感想やねん!アドバイスじゃない!」と宮川節をさく裂させた。
ミュータント・ニンジャ・タートルズ
その後も茶々を入れるタートルズたちとともに、途中宮川が笑ってしまうハプニングがありつつも、無事アフレコは終了した。その後のトークセッションで、笑った理由について聞かれた宮川は、藤森が屁をしてしまったことを暴露。「革だからプーじゃなくてパチって音がしたで!」というと、藤森は「ちょっと緊張しちゃって力んじゃいましたね(笑)」と照れ笑いを見せていた。

【CREDIT】
製作:マイケル・ベイ  監督:デイヴ・グリーン
出演:ミーガン・フォックス/スティーヴン・アメル/ローラ・リニー/タイラー・ペリー/ブライアン・ティー/ブリタニー・イシバシ/ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ/ステファン・“シェイマス”・ファレリー
公式サイト:http://tmnt-shadows.jp/

©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で