『何者』菅田将暉率いる劇中バンド「OVER MUSIC」ライブ映像、「忘れらんねえよ」ら楽曲提供

桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウによるベストセラー同名小説を映画化した『何者』が10月15日より全国公開される。この度、菅田将暉扮する光太郎率いる劇中バンド「OVER MUSIC」によるライブシーン映像が到着した。

愛の渦』の三浦大輔が監督・脚本を務める本作は、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生をリアルに描き出す青春ドラマ。人を分析するのが得意な青年・拓人役に『バクマン。』『世界から猫が消えたなら』の佐藤健、天真爛漫だが着実に内定に近づいていく光太郎を菅田将暉、光太郎の元カノで拓人が思いを寄せ続ける瑞月を有村架純が演じる。さらに、人一倍「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香役に二階堂ふみ、社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良役に岡田将生、佐藤扮する拓人のサークルOB・サワ先輩に山田孝之が共演する。

何者

光太郎を演じる菅田は「OVER MUSIC」でボーカル兼ギターを担当しており、パッション溢れる見事な歌声を披露している。バンドメンバーにはファンクポップバンドとして人気急上昇中の「カラスは真っ白」のタイヘイ(Dr)とオチ・ザ・ファンク(Ba)、レコーディングとギター指導ではシミズコウヘイ(Gt)も参加。さらに、菅田がライブに駆けつけるほど親交のある「忘れらんねえよ」(提供曲:『俺よ届け』『まだ知らない世界』)と、「LAMP IN TERREN」(提供曲:『pellucid』)が楽曲をそれぞれ提供している。

菅田は「バンド練習は撮影の約1ヶ月前からやらせて頂きました。撮影は本当に楽しくて気持ちよかったです!会場にいたお客さん・バンドのメンバーと全部の呼吸が合う瞬間があって、その時は本当にたまらなかったです」とライブシーンを振り返り、楽曲2曲を提供した「忘れらんねえよ」の柴田隆浩は「僕は菅田さんが凄くかっこいいと思うので超気合い入れて書いたら、自分史上最高傑作の曲ができました」と自信をのぞかせた。

「LAMP IN TERREN」の松本大は「”pellucid”という楽曲を書きました。ですが、劇中では僕ではなく、菅田将暉さん(光太郎の方がいいか)が歌います。それだけでも、とても不思議な感覚です。『何者』に登場する人達を、文章を追って妄想を膨らませていくと『自分の周囲もこんな感じだったかな』と、なんとなく懐かしくて、そこへ手紙を書くように曲ができていきました」と語り、「おこがましいかもしれませんが、劇中に流れる”pellucid”は僕と菅田さんで、原作にはない光太郎の一面を作れた気がしています。物語のほんの一部ですが、『歌』という視点から作品がより一層伝わる事を願ってます」と期待を込めた。

「カラスは真っ白」のタイヘイは「東宝撮影所での菅田くんとの顔合わせで『まずスタジオ入ろうや』となり、初対面がバンド結成初日になりました。最初に音を奏で合い、その後にお互いの好きな音楽や趣味の話で盛り上がり、まさにバンドを組んだ時の初期衝動そのものでした」と菅田との共演を振り返り、「その後も練習、そして遊びを重ねるなか、彼の底知れないフロント力とカリスマ性、役の範疇を超えるほど本物のバンドマンになっていく姿にとても感銘を受けました。ライブ撮影当日にはOVER MUSICのオリジナルソングも披露したのですが、菅田くん、ベースのオチ、ギター指導のシミズ、僕ドラムのタイヘイみんなで曲を作り、グダグダしながら楽しんで歌詞を付けてたり、今思い出しても青春の1ページみたいで、少し照れます。またライブやりたいです!」と絶賛のコメントを寄せている。

映画『何者』は10月15日より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
監督・脚本:三浦大輔
出演:佐藤健 有村架純 菅田将暉 二階堂ふみ 岡田将生 / 山田孝之
公式サイト:http://nanimono-movie.com/
音楽:中田ヤスタカ 主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」中田ヤスタカ

企画・プロデュース:川村元気

©2016映画「何者」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で