『何者』一番〇〇なのは誰?菅田将暉は有村架純に多忙を心配され「めっちゃ好きになりました!」

映画『何者』初日舞台挨拶が15日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。この日、主演の佐藤健をはじめ、有村架純、菅田将暉、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督が登壇した。

何者

愛の渦』の三浦大輔が監督・脚本を務める本作は、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生をリアルに描き出す青春ドラマ。人を分析するのが得意な青年・拓人役に佐藤健、天真爛漫だが着実に内定に近づいていく光太郎を菅田将暉、光太郎の元カノで拓人が思いを寄せ続ける瑞月を有村架純が演じるほか、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之が共演する。また、本作の劇中音楽・主題歌をプロデューサー・DJの中田ヤスタカが担当し、米津玄師がゲストボーカルを務める。

何者

イベントでは早速、SNSを通して人間の表と裏をリアルに描く本作にちなんだ「指差し印象ゲーム 一番〇〇なのは誰だ?」を開催。「一番早く内定をもらえそうなのは誰?」というお題に、菅田は「健くんです。本気出したらなんでもできる人なんです。もちろんクレバーな部分もありますし、人当たりの良さも含め、このフェイス!」と太鼓判。

何者

一方の山田は菅田を指し「愛嬌」とつぶやき、笑いをとった。また、役作りのため就活を体験したという佐藤は「二階堂さんと同じグループだったんです。その時に空気を支配していたので、こういう子が受かるんじゃないかな」とコメント。有村も「知識がすごく豊富で、知りたくなるような子なので」と語った。

何者

次に「一緒にルームシェアしたくなる人は誰?」という質問には、菅田が半数を占めた。理由を聞かれた有村は「なんか面白そう(笑)」とにっこり。岡田も「朝から元気そうなので、なんか元気もらえそう」と笑顔を浮かべた。一方、佐藤は「消去法で菅田将暉」と答え、「山田孝之とは絶対無理じゃないですか」と暴露。菅田が「いや楽しいと思うよ!」と話す中、山田は「俺はお前指したよ」と笑いをかっさらう。その理由は「なんか全く干渉せずにいれるかな」と明かしていた。

何者

続けて、「一番裏切りそうなのは誰?」というお題に、二階堂が岡田を指し「ある番組でババ抜きをしたんですが、完全に見てたんです」と語ると、「違う違う、『見えてますよ』ってちゃんと言ったよ?」と誤解だったことを吐露。

何者

そんな岡田は「健さん頭が良いので、僕がバカって言うのもあるんですが、話が上手くてすぐ騙される。こっちが気付かないくらいのレベルで」と笑顔で話すと、菅田と山田は「まぁこの2人だとそういう関係ですね」「顔に出てるもん」とポツリ。岡田は「バカにすんな!おかしいぜ…」とツッコミ、仲睦まじい様子をうかがわせた。

何者

さらに、「一番モテそうなのは誰?」という質問に、有村を指した菅田は「今朝久々にお会いしたら『ドラマ大丈夫?大変?』って言われてめっちゃ好きになりました」とにっこり。最後にお題「1日誰かになれるとしたら?」には、まばらにそれぞれ指差し。岡田は「有村さんになって『私が有村です〜』ってやりたい」と髪をかきあげるような仕草で回答。

何者

有村は「ふみちゃん、自分とは全然違うタイプだし、毎日楽しそうに過ごしている印象があるので遊んでみたい」と笑顔。二階堂は「岡田さんの歯並びがすごくいいな〜と思って」と笑いを誘う一幕も。山田は「有村さんになって男という男をたぶらかしたい」と願望を告白。菅田は「岡田さんの美しさですごく汚いことをしたい」とコメント。佐藤は「二階堂さん、現場ですごく明るいんですが、果たしで家で一人でいる時はどうなんだろうって(笑)二階堂さんの心が知りたい」と関心を寄せていた。

映画『何者』は全国東宝系にて大ヒット公開中

【CREDIT】
監督・脚本:三浦大輔
出演:佐藤健 有村架純 菅田将暉 二階堂ふみ 岡田将生 / 山田孝之
公式サイト:http://nanimono-movie.com/
音楽:中田ヤスタカ 主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」中田ヤスタカ

企画・プロデュース:川村元気

©2016映画「何者」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で