『聲の形』入野自由&早見沙織、 共演した松岡茉優の少年声を絶賛「ものすごいハーモニーが生まれた」

映画『聲の形』初日舞台挨拶が17日、都内・新宿ピカデリーにて行われた。この日、入野自由、早見沙織をはじめ、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優、山田尚子監督が出席した。

聲の形

本作は、小学生の頃はガキ大将で“退屈すること”を何よりも嫌う少年・石田将也が、聴覚障害を持つ転校生・西宮硝子との出会いから5年後、それぞれの高校生時代を描く。過去に硝子とのある出来事がきっかけで、周囲から孤立してしまった将也だったが、高校生になり再び硝子と向き合っていく。石田将也を入野自由が、ヒロイン・西宮硝子を早見沙織がそれぞれ演じ、小学生時代の将也役で松岡茉優が共演する。監督を『たまこラブストーリー』の山田尚子が務め、脚本は「ガールズ&パンツァー」の吉田玲子が担当。主題歌はaikoの「恋をしたのは」に決定した。

聲の形

高校時代の石田将也を演じる入野は「いじめや聴覚障害などセンセーショナルなテーマが描かれていますが、映画『聲の形』の核となる部分は“人とのつながり”。伝えたいけど伝えられない、将也を演じていて迷いがあった時は、“つながりたい”という想いを意識して演じ切りました」とコメント。続けて、「監督からは『大きな小動物が怯えているような感じ』というイメージをいただいた」と明かす。

山田監督は「でっかいハムスターみたいな感じ(笑)まっすぐな答えを出してしまうと、演じる方のイメージを固定してしまうと思うので」と演出の意図を語った。松岡には「ハンバーグみたいな感じで」と役柄を例えたようで、松岡は「『ハンバーグッて感じでお願いします』と教えていただいて、『ハンバーグッ!ハンバーグッ!』って(笑)1人でずっとやってました」と告白すると、「ハンバーグ師匠じゃん!」とツッコミが飛び、会場からは笑いが起こった。

聲の形

聴覚障害を抱えるヒロイン・西宮硝子役の早見は「1人の人間として、もがいて立ち向かって生きている女性を演じようと監督やスタッフさんと固めて、そこから私の中で西宮硝子の一生がスタートしたような気持ちでした」と語り、「本当に心と心のぶつかり合い、曝け出し合いみたいな模様が描かれています。細かいところを話すと、絵の部分で硝子がどや顔をしていたり、可愛らしいアドリブもあるので、ぜひそちらも注目して観ていただけたら」とアピールした。

聲の形

一方、小学生時代の将也を演じる松岡は「原作ご存知の方はわかると思いますが、石田将也の少年時代はいじめっ子で硝子ちゃんに目を塞ぎたくなるような悲しいことをたくさんするんです。でもちょっと見方を変えると、面白いものを見つけた小学生の純粋な心の動き。それを山田監督が『私にとって将也はヒーロー』とおっしゃっていて…。『どういうことだろう?』と考えた時に、自分の苦手な人がいても、見方を変えたらもしかしたらいい人かもしれないと思った」と述懐。「(将也の行動が)一方通行になってるだけで、悪いことじゃなかったりして。そんな象徴的なキャラクターを演じるにあたって、私はとことん将也を愛そうと決めました。今はすごく愛しています。皆さんがどう将也を受け止めるかわかりませんが、将也への見方が映画の大事なところの一つかなと思います」と熱弁した。

そんな松岡へ熱烈なオファーをしたという山田監督は「すごい好きです(笑)松岡さんなら絶対少年声イケると思った」と豪語。入野も「もがいてる『伝えたいんだ』っていう気持ちが松岡さん自身から伝わってきて、それがシーンにバッチリはまってるんです!」と太鼓判を押すと、松岡は「ありがとうございます!!」と嬉しそうな表情。共演した早見も「将也って硝子にとってすごく大事な役割で、幼少期の2人が全てをさらけ出してぶつかり合うシーンがあるんです。松岡さんと自分の声が重なったのを聞いて、ものすごいハーモニーが生まれたなと思いました」と絶賛していた。

映画『聲の形』は9月17日より新宿ピカデリー他全国公開

【CREDIT】
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)

監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志
アニメーション制作:京都アニメーション
配給:松竹 公式サイト:http://koenokatachi-movie.com

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で