『HiGH&LOW THE RED RAIN』“たかおみ”コンビが台湾初上陸「必ずライブでもまた訪れたい!」

国の境を越えて熱烈オファーがあった台湾にて、海外へ初上陸した映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』インターナショナルプレミアが9月29日に現地にて行われた。レッドカーペットセレモニーと舞台挨拶にTAKAHIRO、登坂広臣が登壇した。

HiGH&LOW

本作は、かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び、最強と称された兄弟「雨宮兄弟」の再生と絆の物語。雨宮雅貴をTAKAHIROが、雨宮広斗を登坂広臣が引き続き演じるほか、今まで謎に包まれた雨宮兄弟の長男・尊龍を斎藤工が演じる。危機から助けてくれた尊龍の行方を、雨宮兄弟同様に探している少女・成瀬愛華役で吉本実憂が出演するほか、石黒賢や岩城滉一、飯島直子ら実力派俳優陣に加え、E-girls / Flowerの藤井萩花、坂東希、濱田龍臣、中村達也、早乙女太一、長谷川初範らが共演。さらに、山王連合会から岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹も登場する。

HiGH&LOW

HiGH&LOW』プロジェクトでは初となる海外でのイベント。舞台挨拶の前には、レッドカーペットセレモニーが行われ、現地ファン約1000人からサインや握手を求められたTAKAHIROと登坂。現地からの人気を肌で感じることができたようで、「大家好!(みなさんこんにちは!)」と中国語で挨拶をし、会場を沸かせた。

HiGH&LOW

台湾は初めてというTAKAHIROは「空港でも温かく迎えていただき、このレッドカーペットでも盛り上がりを肌で感じています!」と語り、「台湾はご飯がすごく美味しいということで、食べるのをすごく楽しみにしていました。小龍包を早速いただきました!お腹いっぱいです!」と笑顔を見せていた。本作の海外上映について登坂は「雨宮兄弟を演じ、色々なものを感じたのでこの感情をより多くの方々に伝えていければと思っております。兄弟の絆、家族の絆、アクションシーンと、見どころがたくさんありますので、ぜひ楽しんでいただければと思います。必ずライブでもまた訪れたいと思っております!」とコメントを寄せた。

HiGH&LOW

続いて行われた舞台挨拶でも、笑顔で観客に手を振り、中国語を披露するなど歓声が鳴り止まないほどの熱気に包まれた。

改めて共演してみた印象を聞かれると、TAKAHIROは「登坂演じる広斗はアクション含めすべての表情に余裕があり、醸し出す雰囲気がうらやましく僕も一生懸命真似していました」とニッコリ。登坂も「TAKAHIROさん演じる雅貴はいつもふざけているのに、今回の映画で魅せるシリアスなシーンでは、いつもと違うスイッチが入ったときのかっこよさが入っていて、真似したいです」と互いに褒め合う感じに。続けて「HiGH&LOWに関しては、音楽だけではなくお芝居という面でも表現者として、とても成長させていただいた作品になっています」 とTAKAHIROが、「普段は歌手として活動していますが、こうやってお芝居を経験することでアーティストとしての面にも活かしていける部分が多くあると、改めて今回の映画で役を演じて感じています」と登坂が語った。

HiGH&LOW

イベントでは、観客からの質問コーナーも。「一人っ子で雨宮兄弟みたいなお兄ちゃんがほしい…」といい、「2人の弟にしてくれるとしたらどんな名前を付けてくれますか?」との声が。TAKAHIROは自身の名前と“広臣”を混ぜて「たかおみ!!」と回答。会場からは大きな笑いが起こっていた。

HiGH&LOW

最後に登坂から「初めて来た台湾でこれだけ多くの方に歓迎していただいて、お会いできたことに本当に心から嬉しく思います。いつかライブでもみなさんとお会いできるよう頑張りますので、温かい応援お願いいたします。ウォーアイニーメン!」とメッセージを贈り、TAKAHIROも「今回初めて台湾に来まして、台湾の方々が大好きになりました!またみなさんにお会いできるのを楽しみにしています」と期待を込め、イベントを締めくくった。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日より全国公開

【CREDIT】
出演:TAKAHIRO 登坂広臣 斎藤工 企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:山口雄大 脚本:松田裕子、牧野圭祐、平沼紀久、渡辺啓
配給:松竹 公式HP:http://high-low.jp/

©2016「HiGH&LOW」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で