「MOVIE大戦」最新作、“仮面ライダーファン”プロレスラー・棚橋弘至がDr.パックマンの仲間役で出演

仮面ライダーシリーズ45周年記念、平成仮面ライダーシリーズ18作目となる「仮面ライダーエグゼイド」の劇場版第1作目『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』が12月10日より全国公開される。この度、かねてから仮面ライダーファンを公言していたプロレスラー・棚橋弘至が映画に出演していることが発表。人類を脅かす最恐の敵Dr.パックマンの仲間である来瀬荘司(ロボルバグスター)を演じる。

仮面ライダーエグゼイド

毎週日曜朝8時より放送中の「仮面ライダーエグゼイド」は、歴代 仮面ライダーシリーズ初のドクターライダー。人類の命を守る仮面ライダーとして、謎のゲームウイルスバグスターを打倒するため、ゲームという名のオペレーションに身を投じていく。「仮面ライダーエグゼイド」の世界の只中で進行される劇場版の物語は、正体不明のゲームウイルス生命体“パックマン”襲来によって、未曾有の危機に陥った人類を救うべく、立ち上がるエグゼイド、ゴーストとレジェンドライダーの活躍を描く。

仮面ライダーエグゼイド

新しい仮面ライダーとかつて活躍した仮面ライダー、2人の仮面ライダーの共闘が話題となって7年間・7作品続いた「MOVIE大戦シリーズ」が一新し、「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」となって生まれ変わる本作。仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダーゴーストに加えて、歴代レジェンドライダーである仮面ライダードライブ、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーウィザードも参戦する。

仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド

棚橋は新日本プロレスにおいてチャンピオンベルト通算最多防衛記録、連続防衛記録、最多戴冠記録保持者。テレビ朝日「アメトーーク!!」の仮面ライダー芸人の回にも出演する程の仮面ライダーファンでもあり、リング場での決めセリフを「さぁ、お前の罪を数えろ!」(仮面ライダーW)、「○○キター!!」(仮面ライダーフォーゼ)などと仮面ライダーシリーズから拝借していることや、右手の親指と人差し指を突き出す棚橋オリジナルの“逸材ポーズ”も元ネタは「仮面ライダーカブト」であると公言している。

仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダークウガの返信ポーズ

さらに、自身のインスタグラムで歴代ライダ ーの変身ポーズをアップするなど、その熱狂ぶりは明らか。今回の出演に「ずっと好きだった仮面ライダーの世界、夢のような空間が目の前に広がっていました」と語り、ロボルバグスターの変身ポーズについて「力があって強いキャラクターから連想して何かを握りつぶすポーズにしました。こういう感じのやつはプロレスでもあまりやりませんから。とにかく全力で頑張りました」とこだわりを明かした。最後に「プロレスラー棚橋とは違う、来瀬荘司をお楽しみに!孫ができたら自慢します。では最後に…仮面ライダー、愛してま〜す!」とコメントを寄せた。

劇場版『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』は12月10日(土)より全国公開

【CREDIT】
公式サイト:http://www.movie-taisen.com/

(C)「エグゼイド&ゴースト」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で