『映画 妖怪ウォッチ』武井咲、実写パート出演に当初「どんな妖怪をやるんだろう」、映画第4弾が早くも来年冬公開決定!

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』完成披露舞台挨拶が4日、都内・イイノホールにて行われ、実写パート出演の南出凌嘉、浜辺美波、武井咲、監督のウシロシンジ、実写パート監督の横井健司らが登壇した。

妖怪ウォッチ

ゲーム、アニメ、漫画、玩具とクロスメディア展開され、瞬く間に日本中の子供たちに愛される『妖怪ウォッチ』シリーズ。シリーズ第3弾目となる今作は、お馴染みのキャラクターたちがアニメ世界と実写世界を行ったり来たりの「ダブル世界」で繰り広げる【アニメ×実写】の超ハイブリット作品に。

主人公・ケータの実写パートを南出凌嘉が演じるほか、謎の少女・カナミ役の浜辺美波、カナミが通うダンス教室講師・紗枝先生役の武井咲、エンマ大王役の山﨑賢人、ぬらりひょん役の斎藤工に加え、生前のジバニャン(アカマル)の飼い主である少女・エミちゃん役の黒島結菜、ケータのクラスメイト・クマ役の澤部佑が出演する。

妖怪ウォッチ

この日、ケータ、ジバニャン、コアラニャンたちが会場を沸かせた後に、巨大なクジラバルーンをバックに登場したキャスト陣。実写パートでケータを演じる南出は「最初ケータくんに決まった時嬉しかったんですが、台本に貼ってある付箋の数を見た時にすごく多くてびっくりしました」と明かし、「でも現場が楽しくて、シーンが終わるたびに付箋を剥がしていって、最後の方になってくると付箋の数が少なくなって。『終わった!嬉しい!』っていう気持ちもありながら、『終わった…寂しい』っていう思いもありました」と撮影を振り返った。また、完成した作品を観て「想像していたより、コアラニャンが可愛すぎた!」とにっこり。

妖怪ウォッチ

本作で重要な鍵を握るキャラクター・カナミを演じる浜辺は「アニメ世界にも登場させていただけるということで、キャラクター化させていただけたことがすごくびっくりしました。すごく可愛く描いてくださったので嬉しかったです!」と喜びをあらわにした。

妖怪ウォッチ

一方の武井は、実写パートでの出演に「私はどんな妖怪をやるんだろうと最初は思ってました(笑)」と笑顔をのぞかせ、「アニメと実写の世界を行ったり来たりするお話なので、想像もつかなかったんですが、仕上がったものを観てみると、自分の街にジバニャンたちがやってきたようで、観たことのない映画でした!」と語った。

妖怪ウォッチ

また、現場で南出が撮影に使用する「妖怪ウォッチ」を自慢してくるようで、「この子がすごくうるさくて(笑)学校でも流行ってるみたいで、あまり知らなかった私に色々教えてくれました」と仲睦まじい様子をのぞかせた。

妖怪ウォッチ

イベントでは、早くも映画第4弾の公開が2017年冬に決定したことが発表された。

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は12月17日(土)より全国公開

【CREDIT】
製作総指揮/原案:日野晃博
原作:レベルファイブ 連載:月刊コロコロコミック
監督:ウシロシンジ 実写パート監督:横井健司
脚本:日野晃博・加藤陽一
配給:東宝
声の出演:戸松 遥 関 智一 小桜エツコ 遠藤 綾 重本ことり 梶 裕貴 潘めぐみ
出演:南出凌嘉 浜辺美波 黒島結菜 澤部 佑/遠藤憲一 山﨑賢人 斎藤 工/武井 咲
公式サイト:http://www.eiga-yokai.jp/index.php

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で