『君と100回目の恋』坂口健太郎がファンへマフラー巻き&頭ぽん「めっちゃ照れますね」

映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶が12日、都内・よみうりホールにて行われ、主演のmiwa、坂口健太郎をはじめ、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、監督の月川翔らが登壇した。

君と100回目の恋

黒崎くんの言いなりになんてならない』の月川翔がメガホンを取る本作は、ある事故で命を失ってしまう大学生・葵海(あおい)の運命を変えるためにすべてを捧げてタイムリープを繰り返す幼なじみ・陸の一途な想いを軸にしたラブストーリー。陸の未来を守るために自分の運命を決める日向葵海をmiwaが、幼なじみの陸を坂口健太郎が演じるほか、2人と同じ大学に通い、一緒に組むバンド内でベースを担当し葵海に片思いをする松田直哉役に竜星涼、葵海の親友で直哉への密かな想いを秘める相良里奈役に真野恵里菜ほか、泉澤祐希、田辺誠一、太田莉菜、堀内敬子、大石吾朗らが共演する。

君と100回目の恋

大歓声で迎えられたキャスト陣。映画初主演を飾るmiwaは「主演というのにものすごくプレッシャーを感じましたし、主題歌や挿入歌を書くということに関しても、すごく大きなチャンスをいただきました」と語り、「撮影に入る前に曲を書いていて、葵海が書く曲として、陸と普段暮らす中で『どんな風に曲を作っているんだろう』と考えながらやっていました。なので、曲作りが役作りになっていたなと思います。ライブシーンは目でも楽しめると思いますが、歌詞の一言一言にメッセージを込めたので、じっくり楽しんでいただけたら」とアピールした。

君と100回目の恋

また、金髪姿で登場した坂口は「大変だったのはやっぱりギターですね。初めてギターを手に取ったんですが、なんのコードもわからない状態で、本当に0の状態から」と振り返る。「バンドメンバーでスタジオにこもって練習して、みんな初心なんですけど、ちょっとずつ揃う瞬間があって。やってて大変だったりもしたけど、楽しかったですね!楽しかった!」と笑顔をのぞかせた。

君と100回目の恋
君と100回目の恋

一方の竜星は「もう本当にmiwaちゃんの楽曲に尽きる映画でした!僕らバンドマン達も一生懸命練習したので、どうか温かい目で観てください」と会場を沸かせ、真野から想いを寄せられる役どころに「良い役ありがとうございます!普段は片思いして大抵実らない役なので、なんか想ってくれる人がいると心強いなって」と喜びをあらわに。共演した真野は「直哉(竜星)は本当に直哉のまま。それが居心地が良くて、ちょっとアドリブもあったりするんですが、竜星くんがちょっとふざけすぎて、変顔してNGになったりとか(笑)一番場を和ませてくれた」と褒めちぎり、竜星を喜ばせていた。

君と100回目の恋
君と100回目の恋

イベントでは、坂口扮する陸がmiwa演じる葵海を想い続ける本作にちなみ、事前に募った“一途男子にしてほしいこと”を選ばれたファンへ坂口が生で実践。会場が悲鳴のような歓声で沸く中、坂口は「めっちゃ緊張しますね」と言いながら、自分にマフラーを巻き「ちょっと寒いね…」とシュチュエーションを生み出す。坂口は、寒そうにしているファンへ自分のマフラーを巻いてあげ、頭をぽんぽんすると、会場からはさらなる悲鳴が。坂口は「すみませんでした!」と恐縮しきり。

最後にmiwaは「全力で臨んだ作品です。過去や未来にとらわれず、今を大切に生きるメッセージが込められています」とアピールし、イベントを締めくくった。

フォトギャラリー


君と100回目の恋
君と100回目の恋
君と100回目の恋

君と100回目の恋
君と100回目の恋
君と100回目の恋

映画『君と100回目の恋』は2017年2月4日より全国公開

【CREDIT】
出演:miwa 坂口健太郎 竜星涼 真野恵里菜 泉澤祐希 太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』)
製作:「君と100回目の恋」製作委員会  
制作・配給:アスミック・エース

©2017「君と100回目の恋」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で