『バイオハザード:ザ・ファイナル』L’Arc-en-Cielが歌う日本語吹替版主題歌コラボMV解禁!

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の大ヒットアクション超大作、待望のシリーズ最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』が12月23日より世界最速公開される。この度、L’Arc-en-Cielが歌う日本語吹替版主題歌「Don’t be Afraid」と本編映像がコラボしたミュージックビデオが解禁となった。

バイオハザード

解禁となったミュージックビデオ「Don’t be Afraid –BIOHAZARD THE FINAL collaboration version-」は、バイオハザードの世界観を連想させる躍動感溢れる楽曲を奏でるL’Arc-en-Cielのメンバーと、アンブレラ社との“最期”の戦いに挑む主人公アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の活躍が交互に映し出される内容に。

ヴォーカルhydeが劇中のアリスさながらに銃口を向けるシーン、tetsuya、ken、yukihiroによるアグレッシヴな演奏シーンから、かつてないほどのアンデッドの大群を背に戦車で引っ張られるアリスの姿、空飛ぶ巨大なクリーチャー・ポポカリム(翼竜アンデッド)との壮絶な死闘シーン、ケルベロス(アンデッド犬)軍団の追跡に断崖絶壁からダイブするシーンなど、見どころ満載の本編映像がL’Arc-en-Cielの楽曲とともに切り取られている。

日本発の大人気ゲームシリーズから生まれ、世界中で大ヒットしている究極のアクション超大作『バイオハザード』シリーズ。2002年よりスタートし、第6弾にして最後の作品となる『バイオハザード:ザ・ファイナル』は宿敵アンブレラ社との最終決戦の行方を描く。

シリーズ主演のミラ・ジョヴォヴィッチをはじめ、『バイオハザードⅢ』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じたアリ・ラーターが再び出演する。ハリウッドデビュー作となるローラは、アメリカのラクーンシティで発生したT-ウィルス流出事件から生き延び、アンブレラ社を相手にアリスらと共に最後の戦いを挑む女戦士コバルトを熱演する。監督は、バイオハザード全シリーズに携わってきたポール・W・S・アンダーソンが務める。

フォトギャラリー


バイオハザード
バイオハザード
バイオハザード

バイオハザード
バイオハザード
バイオハザード

バイオハザード
バイオハザード
バイオハザード

映画 『バイオハザード:ザ・ファイナル』 は12月23日より世界最速公開

【CREDIT】
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ
原題:Resident Evil: The Final Chapter 全米公開:2017年1月27日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で