『妖怪ウォッチ』遠藤憲一の“じんめん犬”に斎藤工&武井咲が惚れ惚れ

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』初日舞台挨拶が17日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、実写パート出演の南出凌嘉、浜辺美波、武井咲、山﨑賢人、斎藤工、遠藤憲一、小桜エツコ(ジバニャン声優)、製作総指揮/原案の日野晃博らが登壇した。

妖怪ウォッチ

ゲーム、アニメ、漫画、玩具とクロスメディア展開され、瞬く間に日本中の子供たちに愛される『妖怪ウォッチ』シリーズ。シリーズ第3弾目となる今作は、お馴染みのキャラクターたちがアニメ世界と実写世界を行ったり来たりの「ダブル世界」で繰り広げる【アニメ×実写】の超ハイブリット作品。主人公・ケータの実写パートを南出凌嘉が演じるほか、謎の少女・カナミ役の浜辺美波、カナミが通うダンス教室講師・紗枝先生役の武井咲、エンマ大王役の山﨑賢人、ぬらりひょん役の斎藤工、じんめん犬役の遠藤憲一が出演する。

妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ

大歓声で迎えられたキャスト陣。各々役どころとともに挨拶する中、今年の流行語大賞に選ばれた“神ってる”にちなんだ質問が飛ぶと、南出は「ケータくんに選ばれたことが“神ってる”」と笑顔。浜辺は「わさびの美味しさに目覚めました。入ってるのを知らなくて食べたら美味しくて」と明かし、一方の山﨑は「エンマ大王を演じて耳が尖ったんですが、その鋭さが結構神ってた」と無邪気に語った。武井はバス釣りに行っていた時のエピソードを明かし、「あきらめかけていた時に、やっと1匹釣れて。神ってましたね」と喜びをあらわに。

妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ

さらに、斎藤は「わさびの美味しさに気づきましたね。たまたま入ってたんですけど…」と浜辺の“神ってる”エピソードを丸パクリし、会場の笑いをさらった。また、人間のサラリーマンが事故でトイプードルと合体してしまった妖怪“じんめん犬”を演じる遠藤は「じんめん犬のメイクをしてる時、ケータがすこく人懐っこくてベタベタしてきたんですが、この前素顔で会ったら全く寄り付かないんです!」と吐露。「じんめん犬より素顔の方が怖い?」と聞かれた南出は「メイクしてる時は面白くて、素顔を見たらびっくりしました」と素直に明かすと、遠藤は「普通じんめん犬にびっくりするだろ!」とツッコミ、笑いを取っていた。

妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ

また、本作で初共演を果たした山﨑と斎藤。山﨑は「斎藤さんすごく良い声で、エンマ大王の隣で渋く居てくれたのが、すごく落ち着きましたね」と撮影を振り返り、斎藤も「(舞台裏で)水をとるタイミングが全く一緒だったんですよね。何か絆が気づけたのかなと思いました」と笑顔。

妖怪ウォッチ

続けて、印象的なシーンを聞かれると、斎藤は「(遠藤の)じんめん犬を見た時には、鼻から“春雨”が出るかと思うくらい衝撃で。遠藤さんのエネルギーに圧巻でしたね。憧れました」と惚れ惚れ。武井も「“じんめん犬”は衝撃でしたね!パンチが強くて忘れられない(笑)」と笑顔をのぞかせた。

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は全国公開中

【CREDIT】
製作総指揮/原案:日野晃博
原作:レベルファイブ 連載:月刊コロコロコミック
監督:ウシロシンジ 実写パート監督:横井健司
脚本:日野晃博・加藤陽一
配給:東宝
声の出演:戸松 遥 関 智一 小桜エツコ 遠藤 綾 重本ことり 梶 裕貴 潘めぐみ
出演:南出凌嘉 浜辺美波 黒島結菜 澤部 佑/遠藤憲一 山﨑賢人 斎藤 工/武井 咲
公式サイト:http://www.eiga-yokai.jp/index.php

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で