第89回アカデミー賞6部門ノミネート、Google Earthが起こした奇跡の実話描く『LION/ライオン』本予告

    インドで迷子になった5歳の少年が25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという驚愕の実話を、『英国王のスピーチ』の製作陣と、デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャストで描く『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の本予告編が公開された。

    LION

    スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテルが主演を務める本作は、5歳の頃にインドで迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子に出された少年サルーが、25年後にGoogle Earthを駆使して家族・生まれ故郷を探すさまを描く、実話から生まれたヒューマン・ドラマ。30歳になったサルーをデヴ・パテルが演じ、共演にルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン、デヴィッド・ウェンハムが名を連ねる。

    LION

    第89回アカデミー賞にて作品賞、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にノミネートされた本作。解禁された本予告では、オーストラリアとインドという2つの国を舞台とし、25年間迷子だった男が、過去と未来を行き来しながら自分の故郷を探す驚愕の感動ドラマが描かれている。

    わずかな記憶とGoogle Earthを頼りに生まれ故郷を探しはじめるサルー。幼いサルーがインドのスラム街で懸命に生き抜こうとする姿と、大人になりオーストラリアの地で自分のルーツを必死に求め続ける姿が次第に重なり、予告編の最後で2人のサルーが共に見つけるモノとは。本年度アカデミー賞助演男優賞、女優賞にノミネートされているデヴ・パテルとニコール・キッドマンの演技はもちろん、撮影賞にもノミネートされた躍動感のあるスタイリッシュな映像、作曲賞ノミネートのダスティン・オハローラン、ハウシュカの楽曲も作品の世界観に彩りを与えている。

    映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は4月7日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国公開

    【CREDIT】
    製作:イアン・カニング
    監督:ガース・デイヴィス
    出演:デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/ニコール・キッドマン/デヴィッド・ウェンハム
    配給:ギャガ 提供:ギャガ、テレビ東京

    ©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で