『SING/シング』早くも続編決定!宮野真守×トレエン斎藤「マモンディエンジェルとしてM-1獲りたい」

映画『SING/シング』初日舞台挨拶が18日、都内・TOHOシネマズスカラ座にて行われ、日本墓吹替版声優を務める内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守、大地真央、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)らが登壇した。

SING/シング

本作は、大切な劇場を立て直すために、コアラのバスタームーンが思いついた“歌のオーディション”を舞台に繰り広げられるミュージック・エンターテインメント。斎藤が全員を代表するように「ありがとうございます、ありがとうございます」と笑いを誘うなか、内村が「面白かったと言ってもらえて、吹替えを頑張った甲斐がありました。完成度の高い作品です。斎藤以下、みんな頑張りました(笑)」と挨拶し、会場を沸かせる。

先日開催されたジャパンプレミアに話が及び、内村に「斎藤くんのレディー・ガガのパフォーマンスで一気にわしづかみにしたよね」とお褒めの言葉をもらうと、斎藤は「舞台裏で山寺さんにも『大爆笑だったね!』と褒めていただけたんですが、イヤモニという、あ、これアーティストならではなんですけれども、耳につけるイヤモニで歓声が聞こえにくくて余計はりきっちゃいました」と笑いまじりにコメント。

また、「山寺さんのセンターからカッコよすぎる登場がズルすぎますね、おいしすぎます」と内村に言われた山寺は、「あれで舞い上がって歌詞を間違えちゃいました(笑)」と告白。大橋も「プレミアなんていう場所に出るのは初めてで、すごく緊張していたんですけど、自分のLIVEみたいにテンションが上がりました」と振り返り、「内村さんに観ていただけたと聞いて本当に嬉しかったです!」と明かすと、内村は「みなさん本当に輝いていて、僕も出ればよかったなと…(笑)」と感動と共に後悔した様子をみせていた。

映画の印象的なシーンについて尋ねられた長澤は「最後のコンサート。シーンと静まり返った会場の空気をがらりと変えるアッシュがカッコよかったです」と話すと、横で聞いていた斎藤の仕草が気になったようで「出てくる前からずっと、なんでそんなにカッコつけてるんですか?(笑)」と聞くも、斎藤は「つけてないですよ、それはカッコよく見えてるんでしょ?言えばいいのに、好きだって。皆さんすいませんウチのまさみが」とドヤ顔。会場を爆笑の渦に包んだ。

また、斎藤と宮野は本作を通して非常に仲を深めたようで、斎藤「マモは」宮野「つーちゃんは」と呼び合う仲睦まじさをアピール。斎藤が「相方のたかしが普段つっこんでくれなくて、マモはつっこんでくれるのでやりやすい。でもジャパンプレミアのときにLINEを聞こうと思ったのにもう帰ってたんです」と寂しさを伝えると、宮野は「これからはマモンディエンジェルとしてやっていきましょう!」と新コンビ結成を宣言!?していた。

イベントでは、本作の”夢を叶える”という大きなテーマにちなみ、”これから叶えたい夢”を聞かれた一同。蔦谷は「はやくも続編がすでに決定しているとのことなので、自分が外されずにまた携わらせていただくことが夢です!」と発表。宮野は「続編までには斎藤さんとLINEを交換して、マモンディエンジェルとしてM-1を獲りたいです(笑)」と重ね、斎藤は「紅白出場!これです!」と高らかに宣言。大橋は「この作品でエルトン・ジョンの曲を歌わせてもらったので、海外でコンサートが出来たらいいなと思いました」と野望を明かし、長澤が「続編でまた歌うシーンがあることを考えると緊張しますね」と吐露しつつ、「山寺さんのジャズLIVEに行きたいです!」と想いを伝えた。内村は「続編で私じゃない人が声をやっていたら悲しい…」と話すと、斎藤が「南原さんですね?」とツッコミ。内村は「あいつはすぐ噛むからダメだ!」と絶妙の掛け合いで会場を沸かせていた。

映画『SING/シング』は全国公開中

(C)Universal Studios.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で