『サイダーのように言葉が湧き上がる』神⾕浩史と坂本真綾が参加、never young beachが主題歌書き下ろし

5月15日(金)公開の劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』のメインビジュアルが解禁となった。

サイダーのように言葉が湧き上がる

人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。本作は、何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールStory。

主人公のチェリー役に、初映画・初声優・初主演となる八代目 市川染五郎。ヒロインのスマイル役は、若手随一の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。山寺宏一、花江夏樹、梅原裕一郎、潘めぐみ、中島愛、諸星すみれらが脇を固める。監督を、「四月は君の嘘」「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイが務める。

ひろがる空の⻘さが印象的な新ビジュアルは、キャラクターデザインの愛敬由紀⼦による描き下ろし。市川演じる内気な俳句少年チェリーと杉咲演じるマスク少⼥スマイルを中⼼に、年齢層も⼈種も様々なキャラクターたちが⽣き⽣きと描き出されている。床に描かれるタギングにも注⽬だ。

サイダーのように言葉が湧き上がる
never young beach

本作の主題歌を⼿掛けたのは、注⽬バンドnever young beach。⼟着的な⽇本の歌のDNAを残しながら、洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、等⾝⼤の歌詞で⾼い⼈気を誇る彼らが、作品タイトルと同名となる「サイダーのように⾔葉が湧き上がる」を書き下ろした。

サイダーのように言葉が湧き上がる
大貫妙子

さらに、監督が「シナリオを書いている時にずっと聞いていた」という⼤貫妙⼦が劇中歌「YAMAZAKURA」をこちらも書き下ろしで提供する。また、⾳楽を務める⽜尾憲輔の劇伴も収録したオリジナルサウンドトラックが5⽉13⽇発売予定となっている。さらに、声優の神⾕浩史と坂本真綾の参加も明らかに。神⾕は「クジラの⼦らは砂上に歌う」から引き続き、坂本は初のイシグロ監督作品への参加となる。本作のムビチケは2⽉28⽇(⾦)から発売スタートとなる。

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は5月15日(金)より全国公開

(C)2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように言葉が湧き上がる

--
2021/6/25(金) 公開
出演
声の出演:市川染五郎/杉咲花/潘めぐみ/花江夏樹/梅原裕一郎/中島愛/諸星すみれ/神谷浩史/坂本真綾/山寺宏一/井上喜久子 ほか
監督
イシグロキョウヘイ