上戸彩、『昼顔』現場で「とにかく人の髪を巻きたい」斎藤工と“バーバー上戸”開業 女性スタッフをおもてなし

映画『昼顔』完成披露舞台挨拶が11日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、監督の西谷弘がファンミーティングを終え登壇した。

本作は、2014年7月期に放送された連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の続編映画版。平日昼間に夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦を“昼顔妻”と称し、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまう女性たちの姿を描く。映画版では、上戸彩扮する紗和と斎藤工演じる北野裕一郎が3年ぶりに再会。遠く離れた海辺の町で、かつての愛が忘れられず逢瀬を重ねていくさまを追っていく。

昼顔

同日行われたファンミーティングでファン500人を沸かせたキャスト陣。舞台挨拶で撮影期間中のエピソードを聞かれると、斎藤は「“バーバー上戸”を開きました。僕はアシスタントとしてヘア担当、上戸先生がメイク担当で」と明かす。現場の女性スタッフたちをもてなしたようで、上戸は「クランクイン初日はみんなばっちりメイクで現場を迎えるんですが、どんどん(撮影が)進んでいくうちに皆さん寝れなくて、睡魔との戦いで…。綺麗だった前髪も目が隠れるくらい伸びていたり、皆さんだんだん女子じゃなくなっていくんです。それで、メイク台に(女性スタッフを)一人づつ呼んで、工くんが髪を巻き巻きするとことから始まって、私はメイクをしてあげました」とエピソードを披露。

昼顔

斎藤は「とにかく僕は人の髪を巻きたいんです!女性だけのというわけではなくて、長髪の人の髪を巻きたいんです!」と興奮しきり。斎藤の巻きテクニックを「すごく上手でした!」と上戸が絶賛するも、斎藤は「でも一個の髪型しかできないんです。もうパンチパーマ専門店みたいな(笑)パンチパーマにするわけではないんですが、みんなTHE ALFEE高見沢さんヘアみたいになってました」と笑顔をのぞかせていた。

映画『昼顔』は6月10日より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行 他
監督:西谷弘 脚本:井上由美子
企画・製作:フジテレビジョン
配給:東宝 映画公式サイト:http://hirugao.jp/

©2017 フジテレビジョン 東宝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で