山田孝之、カンヌの次は“日本アカデミー賞”狙う!「18年やっていて未だに声がかからない」

映画 山田孝之3D』公開記念舞台挨拶が17日、都内・TOHOシネマズ新宿にて行われ、山田孝之、芦田愛菜、監督の松江哲明、山下敦弘らが登壇した。

山田孝之3D

本年度のカンヌ国際映画祭にも「正式応募」を果たした本作。テレビ東京他で放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけとして、山田孝之×松江哲明&山下敦弘によって生み出され、同ドラマにも登場した芦田愛菜が友情出演している。

山田孝之3D

この日は本作の発案者である芦田がMCを担当。人生初のMCに緊張している様子をのぞかせる芦田だが、山田をはじめ松江、山下両監督をスムーズに紹介した。「公開を迎えた気持ちは?」と聞かれた山田は「本当に何とかして公開を止めようとしたんですが、止められなかったので、チャップリンの『独裁者』以来、全国で何館のスクリーンが破られるかっていうことを心配しています」と不安そうな表情をみせた。

山田孝之3D

山田と親交の深い山下監督は「最初は赤羽(テレビ東京系ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』)の山田くんを記録するところから始まり、いろいろ振り回されましたが、今日のように色んな景色を見せていただいたので山田くんには感謝しています」と微笑み、「この映画をちゃんと見ないでください。映画を浴びるような感覚で見て欲しいです。一つ一つ考えると脳みそ疲れちゃうので」とアピールした。

山田孝之3D

また、本作の見どころについて聞かれた松江監督は「自分の中にも『山田孝之がいる』というか、見ている自分と山田孝之がつながる瞬間というものがあると思います。そういうところに彼が18年間俳優をやっていて、今こういう面白いことをしているヒントがあるような気がします」と語った。

山田孝之3D

MCの芦田から、キャッチコピーでもある「山田孝之全告白」について、「全てを告白してしまって後悔はありませんか?」と聞かれた山田は、「あります…後悔しかないです。あまりにも喋りすぎました」と即答。その言葉に芦田は「『山田孝之のカンヌ映画祭』やこの映画で山田さんとご一緒させていただいて、『自分のことを知ろうとしている』そういう山田さんが私は格好良いと思いました」と照れながら打ち明け、会場と山田を和ませた。

山田孝之3D

続けて、映画を作ることに関して「賞を取ることが目的ではないと思うのですが、今後そういう気持ちになることはありますか?」と質問されると、「いや、賞のことしか考えていません」と一刀両断。「良い芝居、良い映画、良い俳優、どうでもいいです。僕はもう賞のことだけを考えていきます。まずは日本アカデミーに呼んでもらう。18年やっていて未だに声がかからない。何としても!どんな手を使ってでも賞を取りたいと思います!」と豪語した。

山田孝之3D

最後に山田は「映画と言っても僕本当に山下監督に質問されて思うことを答えているだけなので、僕は喋っているだけなんですけれど、それを最後まで見ていただければ、こんな人です。と言うくらいです」とアピールし、MCを務めた芦田の出来栄えに「優しい気持ちになりますね」とはにかんでいた。

映画 山田孝之3D』はTOHOシネマズ新宿ほか全国公開中

【CREDIT】
出演:山田孝之
友情出演:芦田愛菜
監督:松江哲明 山下敦弘
制作:テレビ東京 C&Iエンタテインメント
配給:東宝映像事業部
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/yamada_cannes/smp/takayuki_yamada_the_movie_3d/

©2017「映画 山田孝之」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で