『彼女の人生は間違いじゃない』大杉漣、柄本佑、榮倉奈々らが絶賛「映画の幸せが ここにありました」

瀧内公美が主演を務める廣木隆一監督新作『彼女の人生は間違いじゃない』が7月15日(土)に公開される。この度、大杉漣や榮倉奈々ら各界著名人から絶賛のコメントが到着した。

彼女の人生は間違いじゃない

さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』で知られる廣木隆一監督が、瀧内公美を主演に「どうしても描きたかった」という自身の処女小説を映画化した本作は、震災から5年後の福島を舞台に、戻る場所もなく進む未来も見えない者たちが、もがきぶつかり合いながらも光を探し続けるさまを描く。

主人公・みゆきという体当たりの難しい役どころに全力で挑んだのは、『日本で一番悪い奴ら』に出演した瀧内公美。日常に戻ることなく役になりきるため、撮影中は一度も家には帰らなかったという。亡き妻を今も慕うみゆきの父親役に光石研、素性を隠すデリヘルの従業員・三浦役に高良健吾、みゆきの同僚で市役所職員・勇人役で柄本時生が共演する。

コメント全文


おおむね人生が “曇り空”だとしても
一瞬の “青空” を見るために
僕たちは 生きているのかな
映画の幸せが ここにありました
──大杉漣【俳優】

「希望」の映画だと思いました。
廣木監督の厳しくも優しい目。
鍋島さんがカメラに取り込む柔らかい太陽光。
「光」は絶対的に「希望」に繋がっていました。ラストシーンの余白は必見だと思います。
──柄本佑【俳優】

リア充って言葉を頭の中から捨てよう。
世の中のあらゆる派手な演出に踊らされていた気がする。
“リア充”じゃないと取り残された気がしてた。そもそもリア充ってなんだろう。
わかりもしないのに、焦燥感に駆られる。
無駄だ、やめよう。そんな風に思った。そして、あらゆる隙間をみた。
自分以外の人間の隙間って、家族でもなかなか見ることは難しい。
──榮倉奈々【女優】

得も言われぬ、なんて無い。言葉にならない気持ちこそ、言葉にしたいと思った。現実は厳しいけれど、優しい。
──尾崎世界観【クリープハイプ】

スクリーンのなか映り込んだ人々に、
これほどの愛情を覚えたのは、何年ぶりのことだろう。
──七尾旅人【シンガーソングライター】

このタイトルが映画全体を、
福島を、全ての人生を包みこむ。
迷い傷付く事が、前に進む為に
必要な時もあると。
──カネコアツシ【漫画家】

いっぱつで答えが出ないことのくり返しの中で、ぼくたちは生きている。
──朝倉世界一【漫画家】

希望とか、簡単には言わない。
だけど、どんな人生にもやっぱり光はあるんだって、ものがたりが叫んでいる。
──少年アヤ【エッセイスト・作家】

こわれた世界で、それでも暮らす。再生なんて気軽に言える言葉じゃないけれど、
それでも言わずにいれない。
──山本直樹【漫画家】

コトバとカラダと想いが、ひとつになることを希(ねが)う、すべての人に。
──赤坂真理【作家】


映画『彼女の人生は間違いじゃない』は7月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

【CREDIT】
監督:廣木隆一
原作:廣木隆一「彼女の人生は間違いじゃない」(河出書房新社)
出演:瀧内公美、光石研、高良健吾、柄本時生
提供:ギャンビット、ギャガ/配給:ギャガ R-15

(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で