清水崇監督作『こどもつかい』をジャンクハンター吉田、とみだ嬢が絶賛「王道Jホラーであり、斬新!」

映画『こどもつかい』ティーチインイベントが5日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、監督の清水崇、映画コラムニストのジャンクハンター吉⽥、「とみだドール映画祭(ホラーイベント)」を主催する大のホラー好き・とみだ嬢が登壇した。

こどもつかい

17年ぶりの映画出演にして本作で映画初主演を務める滝沢秀明と、世界中を震撼させた『呪怨』シリーズを手掛けた清水崇監督がタッグを組む本作は、とある郊外で起こった連続不審死事件に潜む謎の男“こどもつかい”と、恐怖の渦に巻き込まれる新人記者を軸に物語が展開していくホラー映画。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるという“こどもの呪い”の噂、謎の男“こどもつかい”の笛の音と共に、次々に“こどもの霊”が現れ襲い掛かっていく。

こどもに怨まれたオトナの命を奪うミステリアスなキャラクター“こどもつかい”を滝沢秀明が特殊メイクを施し怪演するほか、連続不審死事件の謎に迫る新人記者・駿也役に有岡大貴、駿也の恋人でふとしたことからこどもに怨まれてしまう尚美役に門脇麦が名を連ねる。

こどもつかい

会場は「10回⽬のこどもつかいです」と書かれたカンペを持った⼥性観客などホラーファンが男女問わず溢れ、その様子に清⽔監督は「滝沢さんも、有岡くんも登壇しないイベントで少し不安でしたが、客席を埋め尽くしてくださってありがとうございます」と笑顔を溢した。吉田は「清⽔監督とは、17年くらいの付き合いで、ホラーの話はし尽くしている。しかし、『こどもつかい』については、まだどこのメディアでも話していない、いろいろ楽しく語りたい」と意気込みを見せた。

本作について吉⽥は「⾯⽩くない作品は⾯⽩くない、とはっきり監督に⾔いますが『こどもつかい』は、本当に⾯⽩かった。(作品を観た)その⽇に”90点をあげる”と、興奮してすぐ監督に連絡した」と明らかにし「クラシカルな感じというか、王道のホラー映画としての要素をいろいろねじ込んでいて、⼼に響いた。魅せられました。そして、とにかく、有岡くんの演技がすごくうまかった。今まで『ヒルナンデス!』のイメージしかなかったので。ここは、清⽔監督の⼿腕が光ったと思う」と⼤絶賛。

続けてとみだが「私も吉⽥さんと同様、クラシカルな映画という点もそうでしたが、その⼀⽅で、Jホラーという観点では”こどもつかい”みたいに、”誰かが第3者を使って何かをする映画”っていう点が新鮮で⾯⽩かったです」と語ると「タッキーのような(”こどもつかい”)キャラクター、今までのホラー映画では、そういうポジションがなかったからね」と吉⽥も頷く。

とみだに「参考にされた作品は?」と尋ねられると清水は「ホラーではないですが、野村芳太郎監督の『⻤畜』です」と回答。「こどもの時にテレビで観たんですが、オルゴールの切ない⾳楽がかかるたびに怖い怖い!と。そういうイメージを『こどもつかい』 の世界観にも⽣かしたく”こどもの歌”というオリジナル⾳楽を作りました。そのメロディーを⽿に残してもらい『あれ?この感覚?!』みたいなことができるように」と語り「ちなみに、歌にでてくる”おいない”は伊勢地⽅で”おいで”って⽅⾔なんですよ」という裏話を披露した。

観客からの「ホラー映画なのに、 なぜコミカルな部分を⼊れたのか?」という質問に対して「こどもの無邪気な笑顔など、こどもの無邪気さはある意味、 無敵だと思っていて、その無邪気さが⾏き過ぎたところに怖さがあり、その要素がホラーにつながると思いました。なので、その点を本作の世界にも⼊れていきたいと思いました。ちょっとそれをやりすぎて怖さに引き戻せないシーンもありました」と答えると、すでに鑑賞済みの観客からは笑みが漏れた。

最後は「まだまだ上映が続いておりますので、ホラー映画が苦⼿な⽅でもドラマのある作品なので、きっと楽しめると思います。ぜひ!まわりの⽅々を誘って楽しんでください」とアピールし、イベントは終了した。

映画『こどもつかい』は大ヒット公開中

【CREDIT】
出演:滝沢秀明 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)門脇麦 尾上寛之 河井青葉 田辺桃子 中野遥斗 玄理 山中崇 吉澤健 西田尚美
監督:清水崇
企画・配給:松竹 公式サイト:http://kodomo-tsukai.jp/

©2017「こどもつかい」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で