『銀魂』佐藤二朗が名古屋凱旋、両親の姿に小栗旬「この方、なんの役作りもしてない(笑)」

映画『銀魂』舞台挨拶が15日、名古屋・ミッドランドスクエア シネマにて行われ、小栗旬、長澤まさみ、佐藤二朗、監督の福田雄一が登壇した。

銀魂

公開初日を祝い、昨晩は深い時間まで酒を共にしたようで「二日酔いどころじゃありません。今酔ってます…(笑)」と佐藤。佐藤の地元ということで、客席には“佐藤さんおかえり!”とのメッセージボードを掲げる来場者もおり、会場には佐藤の両親の姿も。「観にいくんですか?(笑)この方、なんの役作りもしてないですけれど…(笑)」との小栗の発言に、佐藤が連られて「本当にすみませんねぇ」と何故か謝罪。

さらには、テレビドラマ「花より男子」で演じた花沢類を、小栗がセルフパロディし、来場者の名前を呼ぶ舞台挨拶で“恒例行事”となりつつある光景も。現在、日本中で巻き起こる『銀魂』フィーバーに「自分だと分からないんですよね。特に何も感じていません(笑)沢山のお客さんに入って頂いて嬉しいですが、蓋を開けてみるとあまり実感はないですね」と小栗。そんな小栗に代わり、「僕のTwitterにきた感想で、”そこに小栗旬はいない、そこには銀さんしかいない”っていうのがあって、すごく嬉しかったです」と福田は公開後の反響に喜びを露わに。

「事務所のオーディションの一次選考が名古屋だったので、思い出の地です」と隣の静岡出身の長澤。続けて、”銀時と小栗の似ている所は?”との質問に、長澤が「アツいところが似てません?」と話すと、福田が「若い時、アツい男だったんですよ。子供が産まれて、アツさが良い意味でいい具合に抜けてきて。ちょうどそんな時に『銀魂』の台本書いていたもんだから、もう小栗旬しかいないと」と加えて説明。

”笑ったシーンは?”との問いには「終始笑ってました。福田作品常連の方々が出てくると特に」と長澤は笑顔を見せ、「私のコメディシーンは、監督が実際に演じて見せてくれるのですが、それが一番面白くて、悔しかったです」と撮影を振り返った。

<万事屋銀ちゃんのお悩み相談>と題し、公式Twitterで全国から募集した質問から”学校に「銀魂」好きが少なく、いつも「忍たま」と間違えられます。どうしたら良いですか?”との内容が。「『忍たま』よりはキ○タマのほうが間違えられやすくないない?」という福田の発言に一同無言に。福田が「解決方法はないって事で!(笑)」と笑いを誘い、未解決のまま終了した。終始笑いの尽きぬ中、小栗は「中々、映画館が笑いで一丸となる事って無いことだと思いますが、この映画は大いに笑って楽しんで頂けたらと思います」とメッセージを贈り、イベントを締めくくった。

上映時間はこちら

映画『銀魂』は全国公開中

【CREDIT】
脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈 柳楽優弥 新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ 長澤まさみ 岡田将生 佐藤二朗 菜々緒 安田顕 中村勘九郎 堂本剛
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:gintama-film.com

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で