早くもオスカー最有力候補!全米メディア大絶賛、ノーラン最新作『ダンケルク』場面写真解禁

ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』のクリストファー・ノーランが初めて実話の映画化に挑んだ新作『ダンケルク』が9月9日(土)より全国公開される。早くも全米メディアが大絶賛し、オスカー最有力候補と言われる本作の場面写真が解禁となった。

ダンケルク

本作で描かれるのは、相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」の物語。容赦なく敵勢が迫るなか、陸海空の3視点で描かれるストーリーが同時に進行する。時間描写において他と一線を画すノーラン監督ならではの緊迫のタイム・サスペンスが、IMAXカメラによる迫力の映像で描かれる。トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズらが出演する。

ダンケルク

2018年アカデミー賞®最有力候補として各メディアが一斉に報じている本作。SCREEN RANT記事によると、7月18日時点で米批評家サイト”Rotten Tomatoes”では『ダークナイト』の94%超える批評家評価98%を叩き出した。この数字は、全米で拡大公開をする著名監督として、これまでの史上最高記録を更新している。(http://screenrant.com/dunkirk-98-percent-rotten-tomatoes-score/)また、世界最大のオンラインデータベース”IMDb”での評価ポイントは☆9.6、辛口の批評で有名な英国の「ガーディアン紙」が満点を付け「ノーランの最高傑作」と報じた。無冠の天才が記念すべき長編第10作目の『ダンケルク』で、遂にオスカーを手にするのか、世界中の注目が集まっている。

場面写真では、オーディションによってアレックス役を獲得、俳優デビューを果たした世界で最も有名な新人俳優ハリー・スタイルズ(ワン・ダイレクション)、観客の案内人となる兵士トミー役に皿洗いから大抜擢された新人フィオン・ホワイトヘッドら陸地の兵士たち。自分には果たすべき使命があると、武器を持たずにドーバー海峡を渡りダンケルクへと船で向かう民間人ドーソンに扮したオスカー俳優マーク・ライランス。英国の秘密兵器スピットファイアを駆るパイロット、ファリアを圧倒的な存在感で演じるトム・ハーディのシーンが到着。さらに、ダンケルクの埠頭で若き兵士40万の状況に危機感を募らせる軍人ボルトン中佐役のケネス・ブラナーのシーンも初公開となった。

映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国公開

【CREDIT】
監督・脚本・制作:クリストファー・ノーラン
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ、フィオン・ホワイトヘッド
公式サイト:http://dunkirk.jp

©2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で