“実在する”死霊人形「アナベル」誕生の起源に迫る新作ホラー、「遊んでくれる?」と語りかける予告到着

“実在する”死霊人形「アナベル」の呪いの恐怖を描き、2014年に記録的な大ヒットを叩き出したホラー映画『アナベル 死霊館の人形』の続編にあたる最新作『アナベル 死霊人形の誕生』が10月13日(金)に公開される。この度、予告編とポスタービジュアルが到着した。

アナベル 死霊人形の誕生

“史上最も呪われた人形”として現在も米コネティカット州のオカルト博物館に保管されている実在の死霊人形「アナベル」誕生の起源に迫る本作。強力な呪いの力を持つ存在として知られており、大ヒットホラー映画『死霊館』シリーズにも登場している。

製作は前作に引き続きジェームズ・ワンが担当。監督を、長編デビュー作『ライト/オフ』で高い評価を受けた気鋭デイビッド・F・サンドバーグが務める。アナベルに戦慄するシスターと少女たちを演じるのは、『007 スペクター』のステファニー・シグマン、『フィフス・ウェイブ』のタリタ・ベイトマン、『Ouija 2』『NY心霊捜査官』ルル・ウィルソンらフレッシュな顔ぶれ。「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」のアンソニー・ラパリアや『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のミランダ・オットーらベテラン勢も加わり、物語をより恐ろしくドラマチックに盛り上げている。

アナベル

映像は、これまで明かされることのなかった<アナベル>誕生の秘密が垣間見えるシーンから始まる。暗闇の中で「遊んでくれる?」と語りかけてくる “アナベルに似た”少⼥や、宙に浮くシスターなど恐怖シーンが多数登場。恐怖⼼と好奇⼼を駆り⽴てる内容となっている。

映画『アナベル 死霊人形の誕生』は10月13日(金)より全国公開

【CREDIT】
監督:デイビッド・F・サンドバーグ(『ライト/オフ』)
製作:ジェームズ・ワン/ピーター・サフラン(『死霊館』)
脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『アナベル 死霊館の人形』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://annabelle-creation.jp

(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で