孤高のファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”初のドキュメンタリー映画が2018年1月公開

世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まない孤高のファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”。彼の初のドキュメンタリー映画「DRIES(原題)」が、『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』の邦題で2018年1月13日(土)に公開されることがわかった。

ドリス・ヴァン・ノッテン

ニコール・キッドマン、ミシェル・オバマ前大統領夫人、アイリス・アプフェルら世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まないファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”。本作は、これまで殺到する密着取材を断ってきた孤高の天才デザイナー、ドリス本人に迫る初のドキュメンタリー映画。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、何事にも全力で取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔に迫る。

監督は『マグナム・フォト 世界を変える写真家たち』で知られるドキュメンタリー監督のライナー・ホルツェマー。3年に及ぶ取材交渉の末にドリスから撮影許可を取り付けた。音楽は2013年にドリスの2014春夏レディース・コレクションで音楽を担当したイギリスのロックバンド、レディオヘッドのベーシストを務めるコリン・グリーンウッド。本作で映画音楽を初めて手掛けた。

ポスタービジュアルは、世界中に特注した色とりどりの美しい生地サンプルに囲まれたドリスの姿や、芸術品に囲まれたアントワープ郊外の邸宅や緑豊かな庭園に咲き誇る鮮やかな花や家庭菜園で採れた野菜などが散りばめられ、常に美しいものに囲まれた生活を愛するドリスを象徴した色鮮やかで美しいビジュアルに仕上がっている。

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は2018年1月13日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

【CREDIT】
監督:ライナー・ホルツェマー
音楽:コリン・グリーンウッド(レディオヘッド)
出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、アイリス・アプフェル、スージー・メンケス
配給:アルバトロス・フィルム

© 2016 Reiner Holxemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で