孤高のファッション・デザイナー『ドリス・ヴァン・ノッテン』の素顔に迫るドキュメンタリー予告

世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まない孤高のファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”を捉えたドキュメンタリー映画ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』が2018年1月13日(土)より公開される。この度、予告編が解禁となった。

ドリス・ヴァン・ノッテン

本作は、これまで殺到する密着取材を断ってきた孤高の天才デザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンに迫る初のドキュメンタリー映画。ニコール・キッドマン、ミシェル・オバマ前大統領夫人、そしてアイリス・アプフェルなど、世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まない彼がのぞかせる意外な素顔を捉えていく。

ドリス・ヴァン・ノッテン

3年に及ぶ取材交渉の末に撮影許可を取り付けたのは『マグナム・フォト 世界を変える写真家たち』で知られるドキュメンタリー監督のライナー・ホルツェマー。音楽は2013年にドリスの2014春夏レディース・コレクションで音楽を担当したイギリスのロックバンド、レディオヘッドのベーシストを務めるコリン・グリーンウッド。彼は本作で初めて映画音楽を手掛けることとなった。

ドリス・ヴァン・ノッテン

映像では、“すべては自由なクリエイションのため”に広告を否定し、スポンサーを持たない唯一無二のファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”のインスピレーションの源や、私生活、さらに15年越しのオファーが実現したパリ・オペラ座でのショーに向けてひたすらに突き進む姿が捉えられている。これまで多くの取材を断ってきたドリスに「そこまで取材する?」とはにかませるなど、彼の内面にまで迫った貴重なドキュメンタリーであることを予感させる。

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

【CREDIT】
出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、アイリス・アプフェル、スージー・メンケス
監督:ライナー・ホルツェマー
音楽:コリン・グリーンウッド(レディオヘッド)
提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://dries-movie.com/
 

© 2016 Reiner Holxemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で