斎藤工、松坂桃李と『パディントン2』声優で共演!“落ち目の俳優”役、劇中で歌声も披露?

俳優の斎藤工が16日、都内・TOHOシネマズ日本橋にて行われた映画『パディントン2』声優発表&マーマレードタワー点灯式に出席。ヒュー・グラント扮する“落ち目の俳優”ブキャナンの声優を務めることがイベントで発表された。

パディントン

晴れて“パディントンファミリー”の一員となった斎藤。演じるのは、ヒュー・グラント扮する“落ち目の俳優”ブキャナン役で、松坂桃李が声を当てるパディントンの前に立ちはだかる敵という役どころ。

パディントン

斎藤は「“落ち目の俳優”役ということで…すごく共感しています(笑)アフレコをすると、何度も同じシーンを見返したり、皮膚感覚でヒュー・グラントの多彩な演技を感じることができて、本当に楽しい時間でした」とコメント。

パディントン

本作を観賞してみて「お子様向けのような映画ではありますが、全くそんなことはなくて。大人っぽいテーマをしっかり持ったエンターテイメントだと思いました。敵役ながらパディントンの健気さ・礼儀正しさ・愛らしさにすごく魅せられましたね」と笑顔をのぞかせた。

パディントン

すでに1月中旬に来日することが決定しているヒュー・グラント。彼の演技に対し「実は劇中で何役も演じていて、一人芝居をずっとやっているシーンもある。本当に(声を当てていて)楽しかったですね!」と話し、“落ち目の俳優”という役どころに「七変化が面白い。役者さんという特性を生かして、いろんな姿になっていく。(歌唱シーンについては)この後レコーディングがあります…笑っちゃいますよね(笑)」と照れ笑い。

パディントン

「ただ歌うというより、ブキャナンにとってとても意味のあるシーン。なぜ歌うのか、どこでどう歌うのか、今回の彼のテーマでもあるので、魂を込めて演じたいと思います」と意気込みを明かした。

パディントン

パディントンの大好物でありながら、毎度パディントンのピンチを助けてくれるマーマレードサンド。そんなパディントンを象徴するマーマレードをあしらった特別タワーをお披露目。マーマレードタワーは本日から公開日までTOHOシネマズ日本橋2Fロビーに設置される。


前作でニコール・キッドマン演じるミリセントに命を狙われたパディントン。続編では、すっかりコミュニティの人気メンバーになった彼が、大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つけるところから物語が展開される。日本語版声優陣には、前作に引き続きパディントンの声を演じる松坂桃李をはじめ、親切なブラウン一家の父・ブラウン役に古田新太、母・ブラウン夫人役に斉藤由貴、一家の長女でしっかり者の勉強家・ジュディを三戸なつめが続投する。

映画『パディントン2』は2018年1月19日(金)より全国公開

【CREDIT】
出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
公式サイト:paddington-movie.jp

© 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で