“俳優”DAIGO、『嘘を愛する女』完成披露は「UMですね」吉田鋼太郎のお墨付き獲得

映画『嘘を愛する女』完成披露舞台挨拶が27日、都内・東京国際フォーラムにて行われ、主演の長澤まさみをはじめ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、監督の中江和仁が登壇した。

嘘を愛する女

この日、バラエティ番組などでよく見るDAIGOとは違い、“俳優”DAIGOとしての姿で舞台挨拶に臨んだDAIGO。いまの心境を問われると、DAI語で「UMですね…“嘘みたい”」とおなじみのノリで会場を沸かす。隣にいた長澤は、生のDAI語に「全然(意味が)思いつかなかった(笑)」と笑みをこぼしていた。

嘘を愛する女

本作でロン毛にヒゲ面、アメカジ風の衣装に身を包んで役に挑んだDAIGO。「今回ヅラをかぶって、ヒゲも剃らずにハッカーの役を演じました。家でパソコンばっかりいじってる役を全うしました」と俳優としての一面をのぞかせ、「自然で違和感がない」(長澤)「全く気づかなかった」(川栄)と共演者から絶賛の声を受けたという。その言葉にDAIGOは「『役になりきれてる』っていう自信が確信に変わったんです。背中を押してもらいました。だから今後、“ヅラ俳優”として色々な作品に出演できるよう頑張りたい」と意気込みを明かした。

嘘を愛する女

そんな“俳優”DAIGOに、共演した吉田は「僕も最初気づかなかった。役も科目なんですが、彼の日常も科目なんです。だから、どっちが本当のDAIGOくんなのかわからなくなるくらい、役にのめり込んでましたね!びっくりしました」と称賛していた。DAIGOは「鋼太郎さんのお墨付きをもらえるとは。嬉しいですね!」と喜び、「これからもSBI(芝居)をしっかりやっていきたい」と観客の笑いを取っていた。


「夫は誰だった?」という、センセーショナルな見出しの実在する新聞記事から着想を得て書き上げられたオリジナル脚本による本作が描くのは、知り尽くしていたはずの愛する人の素性が全て嘘だったら、なぜ嘘をつき続けたのか、その愛は本物か、愛とは何なのか。愛する人の正体を探るミステリー要素も兼ね備えた新感覚のラブストーリーが誕生する。

一流企業に勤める完璧なキャリアウーマンで、恋人の大きな嘘に翻弄されていくヒロイン・川原由加利を長澤まさみが演じ、小出桔平と名乗る由加利の恋人役に高橋一生が扮するほか、DAIGO、川栄李奈、黒木瞳、吉田鋼太郎らが共演する。脚本と監督を、企画者でもあるCM界の若き才能・中江和仁が務める。

映画『嘘を愛する女』は2018年1月20日(土)より全国公開

【CREDIT】
監督:中江和仁 脚本:中江和仁・近藤希実
出演:長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、黒木瞳、吉田鋼太郎
配給:東宝
製作:「嘘を愛する女」製作委員会

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で