“逃げ場のない密室”で何が起きたのか?衝撃の実話『デトロイト』日本版予告第2弾

ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』が2018年1月26日(金)より公開される。この度、本作の日本版オリジナル予告第2が解禁となった。

デトロイト
© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は、1967年にアメリカ・デトロイトで実際に起こった残虐な“暴動”の中の恐怖に満ちた“戦慄の一夜”の事件を描く。主演に『パシフィック・リム:アップライジング』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガを迎え、共演にレヴェナント 蘇えりし者』のウィル・ポールターが名を連ねる。ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグローが監督を務める。

デトロイト

解禁された日本版オリジナル予告第2弾は、事件当時の報道映像と激しさを増す暴動の様子と共に、ジョン・ボイエガ演じる黒人警備員ディスミュークスが取り調べに応じるシーンから始まる。「あの夜のことを話したい。警官がモーテルを包囲し、メッタ撃ちに…」と彼の生々しい証言に重なって激しい銃撃の模様が連写されていく。

デトロイト

デトロイト暴動発生から3日目の夜、アルジェ・モーテルで銃声があったとの一報を受けたデトロイト市警とミシガン州兵たちが現場に急行する。彼らは、現場に居合わせた若者たち全員を容疑者と断定し、モーテルに向かって一斉射撃を始める。若者たちを守ろうと現場に立ち会ったディスミュークスは、取り調べで「3人の若者が殺されていた」のを目撃したと衝撃の事実を告げる。

デトロイト

その夜、大勢の警官と州兵に包囲されたアルジェ・モーテルでは、ウィル・ポールター扮する差別主義者の白人警官クラウスが中心となり、モーテルに偶然居合わせた白人女性2名を含む8人の若者たちを、問答無用に引きたて、理不尽で暴力的な尋問を開始。

デトロイト

「ここはデトロイトだ。誰も逃がさない」と不敵な微笑みを見せるクラウス。一方、警官と若者の間に立ち「この夜を生き抜け」と彼らを守ろうと奔走するディスミュークス。突如“逃げ場のない密室”と化したモーテルで何が行われていたのか?そして若者たちは“戦慄の一夜”から逃れることができるのか?重装備の軍隊が投入され加熱していく暴動の様子や、昼間のチェイスシーンなど激しいアクションシーンを交え、世界を揺るがした大暴動とその最中に起きた衝撃の事件に私たちを置き去りにする、緊迫感と臨場感あふれる予告編となっている。

映画デトロイトは2018年1月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開

【CREDIT】
監督:キャスリン・ビグロー 脚本:マーク・ボール
出演:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、ジャック・レイナー、アンソニー・マッキー
提供:バップ、アスミック・エース、ロングライド
配給:ロングライド

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で