『不能犯』間宮祥太朗らが松坂桃李の“豹変っぷり”を絶賛「存在感が異質」「想像を超えるお芝居」

映画『不能犯』完成披露試写会が21日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、主演の松坂桃李をはじめ、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、監督の白石晃士が登壇した。

不能犯

『不能犯』間宮祥太朗ら共演者が松坂桃李の“豹変っぷり”を絶賛!


ある特別な能力で人の心を操る男・宇相吹正を演じる松坂。初のダークヒーロー役に「楽しかったですね!」と笑顔をのぞかせ、「欲にまみれた人たちを死に追いやっていく役どころ。『あなたも行ってしまうんですね…そちら側に』っていう瞬間に立ち会えると、宇相吹の笑みが溢れる理由がわかるなと」と役を振り返る。主演ながらも、その役どころだけに重要なシーンばかりの撮影が多かったようで「こういう出方は新鮮だなと思いましたね(笑)」とはにかんでいた。

不能犯

松坂との初共演に、沢尻は「(宇相吹の表情が)すごい怖かったです!現場で初めてお会いした時から、もう本当にキャラクターがそのまま出てきたんじゃないかと思うくらいピッタリで。近づきにくいオーラがあって、喋りかけられないし(笑)どう接していいか全然わからなかった」とコメント。

不能犯

新田は、呪いや洗脳など目的は犯罪だが罪には問われない宇相吹の“実証が不可能な行為”に「(実際に対面しても)かからないと思います」とにっこり。松坂が「自分の弱い意思に勝てるの?」と聞くと、新田は頷き「勝てるみたいです(笑)」と松坂が代弁してみせ、笑いを取っていた。

不能犯

松坂との共演に、間宮は「現場では宇相吹の状態でしか、お会いしていないんですが…松坂さん、これだけ身長があって、それでヌボーッと立ってるとびっくりするんですよね!存在感が異質というか、松坂さんの周りだけ色が違う感じ」と松坂の“豹変っぷり”を絶賛していた。

不能犯

芦名も「異様でいびつで…本当に漫画から出てきたような存在。本当に話しかけられなかった」と明かす。一方で矢田は「私は和やかにお話してましたね。でも、松坂さんの宇相吹役のビジュアルが、本当にそのまんま。怖かったです!シーンの撮影の時は豹変するというか、(役に)切り替わるスイッチがキリッと変わるので…もう圧倒されましたね。想像を超えるお芝居をされてました」と絶賛した。


本作は、都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件をもとに、呪いや洗脳など、目的は犯罪だが罪には問われない“立証が不可能な行為”で殺しを請け負う謎の黒スーツの男・宇相吹正の手口と壮大な目的を描くサスペンス・エンタテインメント。

ある特別な能力で人の心を操る男・宇相吹正を、初のダークヒーロー役に挑戦する松坂桃李が演じ、唯一彼にコントロールされない刑事・多田友子役に沢尻エリカ、正義感溢れる生真面目な新人刑事・百々瀬麻雄役に新田真剣佑、多田のサポートを受けて更生した元不良少年・川端タケル役に間宮祥太朗が扮するほか、真野恵里菜、芦名星、矢田亜希子、安田顕らが共演する。監督を『ある優しき殺人者の記録』『貞子VS伽椰子』の白石晃士が務める。

映画『不能犯』は2018年2月1日(木)より全国公開

【CREDIT】
出演:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、真野恵里菜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載)原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
公式サイト:funohan.jp

©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で