『伊藤くん A to E』岡田将生、中学時代のストーカー体験談を暴露!「どれだけ車両変えても…」

映画『伊藤くん A to E』公開直前イベントが10日、都内・田中千代ファッションカレッジにて行われ、主演の岡田将生、木村文乃が登壇した。

伊藤くん A to E

それぞれ華やかな和装姿で登場した2人。イベントでは、本作にちなみ異性から“痛い”恋愛経験をした方からの体験談をもとにトークが展開された。

伊藤くん A to E

「ほぼ毎日一緒にいて関係も持っているから『付き合っている』と思っていて、誕生日の日にデートに誘ったら『遠距離の彼女いるから(笑顔の絵文字)』と言われた…」との体験談に、岡田は「痛いですねぇ…」とうつむき顔。

伊藤くん A to E

佐々木希が演じる「奔放な“伊藤”に振り回される【A】都合のいい女・島原智美」と似た体験だけに、木村は「その後の関係が気になりますね。まだ関係を続けているのか別れたのか…どちらにせよ、映画を観ていただいたら答えが見つかるかもしれないですね」とコメントした。

伊藤くん A to E

続けて、「片思いの人に“引くほど”長文のメールを毎日送っていた」との体験談に、岡田は「重たい!」と無邪気な笑みをのぞかせ、これまた「痛いですねぇ…ちゃんと読みますけど、長すぎるから『もうちょっと簡潔に』って言うかもしれないですね」と明かした。

伊藤くん A to E

木村は「私も割と書きがちなんです(笑)バーっと書いてしまって…口下手なんでしょうね。直接会って言えないから、(体験をした方も)ついつい書いてしまうんだろうな」と自身と重ねて言及した。

伊藤くん A to E

さらに「『(男性から)いつもお世話になってるから』と自宅を調べて急にケーキを持ってこられたことがある」との声に、岡田から「すごい男ですね…ヘビーですねぇ..どうやって自宅を調べたんだろう?」との疑問が。

伊藤くん A to E

会場にいたファンから「小学生の頃に(下校の際)校門のところで何度も待っている男の子がいた。朝の電車の時間とかも一緒で…」と体験談が飛び出すと、岡田も「俺もあった!!」と共鳴。岡田は「中学生の時、どれだけ電車の時間を変えても車両変えても絶対いた!」と暴露した。

伊藤くん A to E

様々な体験談を受けて、木村は「1月10日は『110番の日』でもあるんです。身に迫る危機を感じた時は、皆さん“#9110”でご相談してください」と警鐘を鳴らした。


原作は、容姿端麗だが自意識過剰で無自覚に女性たちを振り回す“伊藤”を軸に、【A】から【E】、5人の女の無様な恋愛と成長を1章ずつのエピソードで描いた柚木麻子の小説「伊藤くん A to E」。関わる女たちの人生を翻弄する前代未聞の【痛男(いたお)】伊藤誠二郎役に岡田将生、“伊藤”の存在に迫っていく落ち目の脚本家・矢崎莉桜役に木村文乃が扮する。

奔放な“伊藤”に振り回される【A】都合のいい女・島原智美役に佐々木希、【B】自己防衛女・野瀬修子役に志田未来、【C】愛されたい女・相田聡子役に池田エライザ、【D】ヘビー級処女・神保実希役に夏帆がキャスティングされたほか、田中圭、中村倫也が共演する。

映画『伊藤くん A to E』は1月12日(金)より全国公開

【CREDIT】
監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫) 
出演:岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、田中圭、中村倫也
配給:ショウゲート
公式サイト:http://www.ito-kun.jp/

(C)「伊藤くん A to E」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で