榮倉奈々が安田顕に“行ってらっしゃい”のキスねだる『妻ふり』新カット

榮倉奈々と安田顕がW主演を務める映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』より、突然キスをねだる妻と驚く夫の場面写真が到着した。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

公開された場面写真は、“死んだふり”ではなく、突然“行ってらっしゃい”のキスをねだる妻のちえに「え、なに?」と驚く夫・じゅんの姿を捉えたもの。「新婚じゃあるまいし」と拒否すると、「これが今生の別れになるかもしれませんよー」と返すちえ。前日の夜、初めてちえの“死んだふり”に遭遇し、次はチューをせがまれ、戸惑うばかりだ。この後、毎晩、“死んだふり”で帰りを迎えられることをじゅんはまだ知らない。


2010年「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問から生まれたコミックエッセイを映画化した本作。サラリーマンの夫が帰宅すると、妻が口から血を出して倒れていたり、ワニに喰われていたり、頭に矢が刺さっていたりと、次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”に夫が振り回されていくさまを描く“ほんわかラブコメディ”。

不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえを榮倉奈々が、超フツーで冷静なちえの夫・じゅんを、演劇ユニット「TEAM NACS」の安田顕がそれぞれ演じる。主演の2人に加え、⼤⾕亮平、野々すみ花が共演する。監督を『デトロイト・メタル・シティ』『神様はバリにいる』の李闘士男が務める。

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は6月8日(金)より全国公開

©2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

3.7
2018/6/08(金) 公開
出演
榮倉奈々/安田顕/大谷亮平/野々すみ花 ほか
監督
監督:李闘士男/原作:K.Kajunsky