音を立てたら“即死”な世界、陣痛で悲鳴を上げたら…『クワイエット・プレイス』日本版特報

エミリー・ブラント主演、ジョン・クラシンスキー出演・監督のサバイバルホラー『クワイエット・プレイス』が9月28日(金)に公開される。この度、本作の日本版特報と本ポスタービジュアルが解禁となった。

クワイエット・プレイス

音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界を舞台に、あるルールを守り生き延びる一組の家族が恐怖に怯えるさまを描くサバイバルホラー。静寂に包まれた世界で3人の子供を育てる母親エヴリン役にエミリー・ブラント、彼女を支える夫リー役にジョン・クラシンスキーが扮し、監督も務めている。

クワイエット・プレイス

『ミッション:インポッシブル』シリーズなど、トム・クルーズの声でおなじみの声優・森川智之がナレーションを務める本映像。荒廃した街を裸足で歩く一組の家族。この世界で生き残るには、絶対に音をたててはいけない。だが、音を立ててしまったその瞬間“何か”がやってくる。映像の最後には、陣痛が始まり悲鳴を上げるエヴリンの姿が。

ジョン・クラシンスキーは、本作について「ホラー映画が怖くて観れない人がいたら、今作を鑑賞すると、怖いだけではないところでも観客に満足してもらえると思っている」と自信をのぞかせている。

映画『クワイエット・プレイス』は9月28日(金)より全国公開

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

クワイエット・プレイス

クワイエット・プレイス

3.6
2018/9/28(金) 公開
出演
エミリー・ブラント/ジョン・クラシンスキー/ミリセント・シモンズ/ノア・ジュプ ほか 
監督
ジョン・クラシンスキー