“氷の男”ボルグVS“悪童”マッケンロー、1980年ウィンブルドン決勝戦『ボルグ/マッケンロー』予告

スベリル・グドナソンとシャイア・ラブーフが共演する『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の公開日が8月31日(金)に決定。この度、ショート予告編と本ビジュアル、場面写真が解禁となった。

ボルグ

20歳の若さで、テニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、その彫刻のように美しいヴィジュアルと冷静沈着なその姿から“氷の男”と呼ばれ、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしたビヨン・ボルグ。ウィンブルドンで4連覇を達成したボルグは、絶対王者として君臨していたが、5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、不利な判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンロー。本作は、1980年にエレガントなプリンスとワイルドな野生児が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合った世紀の試合を描く。

ボルグ

解禁されたショート予告編では、スベリル・グドナソン演じる20歳の若さでテニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、前人未到のウィンブルドン5連覇の記録に挑む絶対王者<美しき天才・ボルグ>が、凄まじい重圧や恐怖と向き合う姿が。

ボルグ

一方、シャイア・ラブーフ演じる稀なる才能を持ちながら、その行動から<悪童>と呼ばれた最強の新星マッケンローが、審判に野犬のごとく「異議ありだバカ野郎!」と暴言を吐き、会見場では語気を荒げて記者たちに噛みつく姿が映し出され、鬼気迫る2人の迫真の演技に魅せられる。

ボルグ

また、本ビジュアルでは「人生のすべてを一打に叩き込め。」というキャッチコピーとともに映し出された、“氷の男”と呼ばれたボルグと“炎の男”マッケンローの二人の対照的な姿が印象的だ。

さらに場面写真も一挙解禁。精神と肉体を極限にまで鍛えた2人が固く握手をする姿、5連覇を達成したボルグが天を仰ぎガッツポーズをする姿などがおさめられている。

映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』は8月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

© AB Svensk Filmindustri 2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

0.0
2018/8/31(金) 公開
出演
シャイア・ラブーフ/スベリル・グドナソン/ステラン・スカルスガルド/ツヴァ・ノヴォトニー/レオ・ボルグ ほか
監督
ヤヌス・メッツ