“この天才、ヤバい。”欅坂46・平手友梨奈『響 -HIBIKI-』予告&本ビジュアル解禁

2017年にマンガ大賞を受賞した柳本光晴の原作を、欅坂46・平手友梨奈の映画初主演で実写映画化する『響 -HIBIKI-』が9月14日(金)に公開される。この度、本作の予告映像とメインビジュアルが解禁となった。

響 -HIBIKI-

出版不況の文学界を舞台に、文学の世界に革命を及ぼす15歳の天才少女・響を主人公に描く本作。響がとる行動は過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく。

主人公である15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響役に平手友梨奈(欅坂46)、響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役に北川景子、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏役にアヤカ・ウィルソンが扮するほか、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生、小栗旬らが共演する。監督を『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』『センセイ君主』の月川翔が務める。

響 -HIBIKI-

平手が演じる主人公・鮎喰響は、低迷する文学界に革命を起こす力を持つ紛れもない天才。「私は、曲げない」というメインコピーさながらに、自分の信念を絶対に曲げず、大人たちや世間の曲がったルール、常識をぶち壊していく“天才だけどヤバい”響を、平手が熱演。

響 -HIBIKI-

さらに吉田栄作、北村有起哉の出演も明らかに。吉田は、凛夏の父で世界的に絶大な人気を誇る大物小説家・祖父江秋人役。絶対的なオーラを醸しながら、自らと同じ道を歩もうとする娘を優しく見守る父親を演じている。北村は、響が応募した新人賞の選考委員も務める芥川賞作家・鬼島仁を演じ、響に蹴りを食らわされながらも、彼女の才能を認めていく役どころだ。

響 -HIBIKI-

今作の劇場前売券が7月27日(金)より発売決定。響の1ショットのデザインとなっている。前売券発売劇場はこちら(http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/hibiki_movie.html)まで。

映画『響 -HIBIKI-』は9月14日(金)より全国東宝系にて公開

(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

響 -HIBIKI-

響 -HIBIKI-

5.0
2018/09/14(金) 公開
出演
平手友梨奈/北川景子/アヤカ・ウィルソン/高嶋政伸/柳楽優弥/野間口徹/小松和重/黒田大輔/板垣瑞生/小栗旬 ほか
監督
月川翔