『愛しのアイリーン』安田顕、初のバージン・ロードに照れ笑い「感無量でございます」

映画『愛しのアイリーン』完成披露試写会が1日、都内・有楽町朝日ホールにて行われ、安田顕、ナッツ・シトイ、木野花、吉田恵輔監督、原作者の新井英樹が登壇した。

愛しのアイリーン

寒村の地で42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男(安田顕)が、フィリピンでの嫁さがしツアーで出会った嫁、アイリーン(ナッツ・シトイ)と共に地獄のバージン・ロードを歩む、ラブ&バイオレンス満載の本作にちなみ、イベントでは安田とナッツが結婚行進曲に合わせて客席から登場。結婚式さながら2人揃って一礼すると、バージン・ロードを歩き、観客からのフラワーシャワーと熱い歓声で祝福され、安田からは投げキッスのサービスが出るなど大盛り上がり。

愛しのアイリーン

熱烈な歓迎を受けた安田は「感無量でございます。体が火照ってまいりますね。実生活でも結婚式やったことないですから、ナーバスナーバス(笑)」と安田節で会場を沸かせた。この日のために来日した、ヒロイン役のナッツは「皆さんアイリーン役のナッツです。日本に来られてよかったです。映画を楽しんでください。安田さんカッコイイね!」と日本語で挨拶をすると、安田も「センキューセンキュー!アイラブユー!」と片言の英語で返し、さらに会場はヒートアップ。

安田は「観終わったときは鈍器で殴られたような衝撃でした。一緒に観ていた木野さんも同じ顔をしてましたね。40代のこのタイミングでこの映画に出られてよかった。他の役者が岩男をやっていたら嫉妬していたと思う。撮影が終わったときに“代表作になるかも”と感じました。」と熱い思いを語った。

続けて岩男の母・ツル役を演じた木野も「最初に原作漫画を読みましたが、コレ人間でできる?って思いましたね(笑)見た目もツルに似ていないし、もうぶつかっていくしかないと思って、どう投げられてもいいようにジムにも通いました。試写で出来上がりを観たときは胸が熱くなって、簡単に『面白い』とは言えない作品でした。この作品に自分が出ているんだな…って色んな思いが湧いてきました」と驚きの役作りと率直な感想を明かした。

本作を20年以上前から映画化したかったという吉田監督は「迎えてくれた観客の皆さんがすごい笑顔で…爽やかな恋愛映画を観に来たって人はごめんなさい(笑)全然違いますので。どういう感想が皆さんから出てくるのか不安ですが、この後SNSとかエゴサーチしようと思います。仕上がりは自画自賛しています!」と熱い意気込みを語ると、原作者の新井も「もう5回以上観てるけど観るたび号泣してる。ハードルを上げたいわけじゃないけど、傑作です!」とこれ以上ない太鼓判を押した。

最後に安田も「肯定も否定もアリ。感じたことを発信していただけたらと思います!」と締めくくった。

映画『愛しのアイリーン』は9月14日(金)より全国公開
※吉田恵輔の「吉」は口の上が「土」が正式

(C)2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

愛しのアイリーン

愛しのアイリーン

3.9
2018/9/14 (金) 公開
出演
安田顕/ナッツ・シトイ/河井青葉/ディオンヌ・モンサント/福士誠治/品川徹/田中要次/伊勢谷友介/木野花 ほか
監督
吉田恵輔