少女の中の“願い(タブー)”が目を醒ます…世界が固唾を呑んだ衝撃作『テルマ』予告

第90回アカデミー賞&第75回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノルウェー代表作品、世界の映画祭絶賛の北欧ホラーが『テルマ』の邦題で10月20日(土)より公開される。

監督・脚本を務めるのは、長編映画の監督デビューからわずか4作ながら、カンヌをはじめとする世界の権威ある映画祭の常連となって数々の賞に輝き、今や北欧を代表する監督となったヨアキム・トリアー。叔父であるラース・フォン・トリアーのカンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いた『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を思わせるような深い余韻を残す人間ドラマを今までは描いてきたが、今回、美しくも恐ろしいイノセントホラーを完成させた。

ノルウェーを舞台に描かれるのは、厳格な家庭で育てられた少女テルマの物語。進学を機に親元を離れたテルマは、初めての恋を経験し、青春を謳歌し始めるのだが、大人への階段のその先は“恐ろしい秘密”へとつながっていた。

映画『テルマ』は10月20日(土)より公開

©PaalAudestad/Motlys

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

テルマ

テルマ

0.0
2018/10/20 公開
出演
エイリ・ハーボー/カヤ・ウィルキンス/ヘンリク・ラファエルソン/エレン・ドリト・ピーターセン ほか
監督
ヨアキム・トリアー