『検察側の罪人』木村拓哉×二宮和也、再共演するなら?原田眞人「ギトギトの悪党を」

映画『検察側の罪人』初日舞台挨拶が24日、都内・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、キャストの木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、八嶋智人、松重豊、監督の原田眞人が登壇した。

検察側の罪人

大歓声で歓迎される中、公開初日を迎え「無事に初日を迎えることができました。今日をもって皆さんのものになりますので、どうかよろしくお願いします」と木村。二宮も「(この舞台挨拶で)作品の良さがより伝わればいいなと思っております。よろしくお願いします!」と明かし、会場を沸かせる。

検察側の罪人

試写会などで「2人の表情・演技に大変驚いた」「凄みを感じた」と絶賛の声が相次いでいる本作。木村は「自分は特にこうした・ああしたはないです。原田監督が導いてくれた結果がスクリーンに映し出されているだけ。監督に感謝です」と真摯にコメント。二宮は「伝えたいことが明確だからこそ、賛否の分かれる作品だと思っていて。だけど、そう言った言葉をたくさんいただけているのは有難いですね」と喜びをあらわにした。

検察側の罪人

原田監督は「木村さん・二宮さん2人の共演っていうのは、日本のエンターテイメントにおいて一大事業でしたから。その分、神経を使って脚本を仕上げました。現場では、それをどんどん皆が広げていってくれて、僕も刺激を受けましたね」とコメント。続けて、「演技派としての芯の部分。(共演陣の中にも)ベテランの、味のある役者ばかりがいて、そこから出てくる新たな木村拓哉・二宮和也の像を観たいと思っていた。スタッフ全員が誇りを持てる映画になったと思います」と明かした。

さらに、原田監督は「こちらが思っていた2倍・3倍のテンションでキレてくれた。『その辺でちょっと首吊ってくれる?』っていうセリフは台本にはなくアドリブ。本人(はそのアドリブを)覚えてないんですよね」と、二宮のある演技を絶賛。吉高が思わず「怖い(笑)」とこぼすと、二宮も「怖いですよね!台本にないこと、首吊ってくれってどっかで思ってるんでしょうね(笑)」と、役にのめり込んでいたことを笑い混じりに明かした。

検察側の罪人

本作で初共演を果たした木村と二宮。MCから「木村さん・二宮さんと他どんな作品を撮ってみたいですか?」と聞かれた原田監督は、「『KAMIKAZE TAXI』(1995年公開)のリメイクをやってみたい。悪役を木村さんにやってもらって、ニノを追い回すような。ギトギトの悪党の木村さんを観てみたい」と告白。その言葉に、会場からは大きな拍手が送られた。

木村は「ギットギトでいきたいと思います!」と応え、二宮も「この2人(木村と原田監督)と一緒にできるなんて、なかなかないですから。(今回が)最初で最後のつもりでやってましたから、そう言っていただけて感謝です!」と笑みをこぼした。

イベントでは、本作の大ヒットを祈願して鏡開きが行われるなど、大盛況のうちに幕を閉じた。


法で裁けない罪人は、罰を免れ赦されるのか。雫井脩介が2013年に発表した同名小説を原作とする本作は、都内で発生した強盗殺人の被疑者「過去の未解決殺人の重要参考人」の捜査方針を巡って、2人の検事の対立を描くサスペンス・エンタテイメント。

エリート検事・最上役に木村拓哉、若き検事・沖野役に二宮和也が扮するほか、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂役の吉高由里子をはじめ、松重豊、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、山﨑努、音尾琢真、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜らが共演する。監督を『日本のいちばん長い日』『駆込み女と駆出し男』『関ヶ原』などで知られる原田眞人が務める。

映画『検察側の罪人』は8月24日(金)より全国東宝系にて公開

©2018 TOHO/JStorm

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

検察側の罪人

検察側の罪人

4.0
2018/08/24(金) 公開
出演
木村拓哉/二宮和也/吉高由里子/平岳大/八嶋智人/大倉孝二/矢島健一/音尾琢真/キムラ緑子/芦名星/山崎紘菜/松重豊/山﨑努 ほか
監督
原田眞人