映画は心のオアシス 注目の新作!(6月26日号)

6月も残り1週間、今年も残り半分ですね。今年、皆さんは充実した日々を過ごせていますか?今週公開される映画は人が“生きること”について考えさせてくれる個性派監督の傑作が目白押し!きっと、あなたの背中を押してくれるようなココロに届く作品に出会えるかも?

alice_sub

まずは、本年度のアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーア主演の『アリスのままで』(6/27公開)。高名な言語学者で、夫からも愛を注がれる幸せな日々を過ごす50歳のアリスが突然、若年性アルツハイマーだと宣告される…。明日が見えない不安や避けられない運命との葛藤、家族の愛と絆を描いた心揺さぶる感動ドラマ。ヒロインのアリスを熱演したムーアは本作品で、世界6大映画賞(米アカデミー、ゴールデングローブ、英アカデミー、カンヌ、ベルリン、ヴェネチィア)の主演女優賞を制覇した史上初の女優に。監督は、自身もALS(筋委縮性側索硬化症)を患い、今年3月に逝去したリチャード・グラツァーと、過去にもいくつかの作品を一緒に手掛けてきたワッシュ・ウェストモアランド。“名コンビ”の最後の名作をぜひ、劇場で。

kimihaiiko

次は、モントリオール映画祭監督賞をはじめ、数多くの映画賞を獲得した『そこのみにて光輝く』の呉美保監督が贈る最新作『きみはいい子』(6/27公開)。

坪田譲治文学賞を受賞した中脇初枝の同名短編集の映画化で、根底に流れるのは「人が人を愛するとは」という普遍的なテーマ。いじめや虐待など、現代の日常に存在するさまざまな局面で、前に向かおうとする人々の姿をリアルかつ繊細に描いた群像劇。キャストには、真面目だが優柔不断な新米教師役に高良健吾、暴力を受けていた過去を背負う母親役に尾野真千子、さらに『そこのみにて光輝く』の主演だった池脇千鶴など実力派俳優陣が集結し、より深みのある作品に。人と人の繋がりを、肌で感じられる心温まるストーリーです。

tenno[youtube

そして、『弾丸ランナー』『うさぎドロップ』などを手掛け、国内はもとより海外からも熱い視線を集め続けるSABU監督の最新作、映画『天の茶助』(6/27公開)。天界では地上に生きる人たちのシナリオを書く脚本家たちがいて、筆ひとつで人間の運命を左右させる彼らの茶番頭である「茶助」が、事故で死ぬ運命にある女性「ユリ」を救うため、下界に降りていく…。南国・沖縄を舞台に、笑いと涙、愛とスリルが弾けた疾走感あるエンターテインメント作品。主演の「茶助」を演じるのは『うさぎドロップ』以来、約4年ぶりのタッグとなる松山ケンイチ。ヒロインの「ユリ」には、人気急上昇中の大野いとが大抜擢、さらに名脇役の大杉蓮、伊勢谷友介も出演するなどキャストも超豪華!ベルリン映画祭コンペティション部門選出をはじめ、海外の映画祭での上映が続々と決まり、話題沸騰中のSABU監督最新作、これも見逃せません!

happyendga[youtube

さらに、週末のデートにオススメ!の映画をご紹介。日本でも大ヒットを記録した映画『きっと、星のせいじゃない。』の監督が贈る、珠玉のラブストーリー『ハッピーエンドが書けるまで』(6/27公開)。“愛を信じられない女子”と“愛に臆病な男子”が出会い、不器用だけど懸命に少しずつ互いの距離を縮めようと奮闘する純度100%の恋愛ストーリー。キャストは、『あと1センチの恋』のヒロインで、米ピープル誌の「世界で最も美しい女性」ランキング4位に選ばれた期待の新星リリー・コリンズと、『ウォールフラワー』『フューリー』の甘いマスクで大ブレイク中の若手俳優ローガン・ラーマン。恋人、友人、そして家族というかけがえのない人たちへの愛を描いた人生讃歌は共感必至。恋愛に対して、ちょっと後ろ向きな人でも、これを観ればきっと恋がしたくなる!あなたに勇気と希望を与えてくれる映画です。

strayers[youtube

続いては、人気作家、本多孝好のベストセラー小説を実写化したSFアクション映画『ストレイヤーズ・クロニクル』(6/27公開)。生まれながら特殊能力を持つ若者たちと、それを利用する権力者たちが熾烈な攻防を繰り広げる本作。見所は、人気の若手俳優陣が大集結した大迫力のアクション!『重力ピエロ』の岡田将生、『寄生獣』の染谷将太が夢の共演を果たし、カラダを張った圧巻のアクションを披露。さらに、松岡茉優や白石隼也、清水尋也など、ネクストブレイク必至のキャストたちの演技にも注目!監督は『ヘヴンズ ストーリー』『アントキノイノチ』で知られる異才、瀬々敬久がメガホンを取り、映画『GANTZ』の製作チームと最新VFXの融合により、異次元の超高速アクションシーンが誕生。大迫力のシーンをぜひ、スクリーンで!

loveand[youtube

そしてラストを飾るのは、もちろんこの映画!『冷たい熱帯魚』『新宿スワン』などで世界から高い評価を受け続ける日本が誇る鬼才、園子温監督の最新作『ラブ&ピース』(6/27公開)。長谷川博己、麻生久美子、西田敏行ら人気キャストを迎えて贈る、園子温監督オリジナルストーリーの涙と感動のエンターテイメント作品。ストレートな愛とロマンを描いた本作は、園子温ワールド全開!のストーリーと卓越したカタルシスで観るものを圧倒!そしてクライマックスにあるのは、夢と希望に満ちた奇跡が待ち受ける!世知辛いこんな時代に、この映画を真剣に作っちゃう大人たちがいる…日本も捨てたものじゃないですね!(笑)きっと、心のスイッチを押してくれる作品をぜひ、映画館で!

さあ、皆さんはどれを見たいですか?見たらぜひコメントをお寄せ下さい!待ってま〜す。

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved. / © 2015「きみはいい子」製作委員会 / ©2015『天の茶助』製作委員会 / ©2012 Writers the Movie,LLC / ©2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会 / ©「ラブ&ピース」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で