絶望を超える一撃、地獄の監獄でアウトローが見出す“最後の光”『暁に祈れ』日本版予告

タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサーの自伝を映画化した『暁に祈れ』が12月8日(土)に公開される。この度、本作の日本版予告編が解禁となった。

暁に祈れ

本作は、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『チェイサー』など、時代を先取るエッジーな作品を世に送り出してきたカンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイト、ロッテン・トマトでも96%(2018年8/1付け)という高評価を獲得した話題作。

汚職や殺人が蔓延する実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。新星ジョー・コールが、ボクサーを演じるために何ヶ月もの肉体改造のすえ鋼の肉体を手に入れ、孤軍奮闘する主人公ビリーを熱演している。

暁に祈れ

人生をやり直すために渡ったタイで自堕落な生活に陥り麻薬中毒になってしまったボクサーのビリー(ジョー・コール)は、タイで“地獄”と呼ばれる悪名高いチェンマイ中央刑務所に収容される。映像では、収容人数を超えた囚人たちで溢れかえる刑務所のあまりに劣悪な環境や、全身タトゥーだらけの受刑者たちに取り囲まれ度々襲撃されるビリーの姿が確認できる。

ビリーが所内に設立されたムエタイ・クラブの存在を知り、他の刑務所との試合に抜擢され仲間たちの想いも背負いながらリングに向かう様子が捉えられている。

映画『暁に祈れ』は12月8日(土)より公開

(C)2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

暁に祈れ

暁に祈れ

0.0
2018/12/08 (土) 公開
出演
ジョー・コール/ポンチャノック・マブラン/ヴィタヤ・パンスリンガム ほか
監督
ジャン=ステファーヌ・ソヴェール