第1位は『グリンチ』!来週公開映画 新作期待度ランキングTOP5(12月第3週)

    国内最大級の映画チケット予約サービス「映画ランドは、サービス内のデータに基づいた来週公開映画(2018年12月第2週公開作品)の「新作期待度ランキング TOP5」を発表しました。

    第1位:『グリンチ』392 Like!

    グリンチ
    (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

    人気キャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントが贈る新作長編アニメ。絵本作家ドクター・スースの名作「グリンチ」を映像化したもの。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう。

    日本語吹替は、主人公グリンチを大泉洋。その他杏、ロバートの秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守らが務める。

    第2位:『春待つ僕ら』298 Like!

    春待つ僕ら
    (C)あなしん/講談社(C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

    一人の女の子を囲む個性あふれる花形バスケ部男子たちに“スポきゅん&友きゅん”必至の青春ラブストーリーコミックを実写映画化。

    主人公の春野美月役に土屋太鳳。バスケ部のイケメン四天王にDISH//の北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友ら若手注目俳優が勢揃い。また、アメリカ帰りの有名高校バスケ選手で美月の小学校時代の幼なじみ・神山亜哉役に小関裕太が扮する。監督を『ROOKIES~卒業~』などを代表作に持つ平川雄一朗が務める。

    第3位:『ドラゴンボール超ブロリー』272 Like!

    ドラゴンボール
    (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

    劇場版「ドラゴンボール」の記念すべき20作品目となる本作。今回の敵は“伝説の超サイヤ人”ブロリー。過去の劇場版でも度々登場し、日本だけでなく海外でも大人気のブロリーだが、本作では新たに鳥山明が「ドラゴンボール超」の世界観で描くブロリーが悟空の前に立ちはだかる。

    第4位:『メアリーの総て』109 Like!

    メアリーの総て
    © Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

    200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」の著者メアリー・シェリー。これまでヴェールに包まれてきた、彼女の波乱に満ちた人生を映画化。

    可憐で聡明、そして不幸であるほど才能が開花してゆくメアリーに魂を吹き込むのは、『マレフィセント』『パーティで女の子に話しかけるには』『ネオン・デーモン』などで知られるエル・ファニング。傑作小説「フランケンシュタイン」誕生に隠された、あまりに不幸でスキャンダルに満ちた天才女流作家・メアリーの人生を演じきる。

    第5位:『マイ・サンシャイン』60 Like!

    ©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

    アカデミー賞®受賞女優ハル・ベリーと『007』シリーズのジェームス・ボンド役で圧倒的人気を誇るダニエル・クレイグによるヒューマンドラマ。LAで暴動をもとに描かれる感動作。

    【映画ランド 新作期待度ランキング
    来週公開映画(2018年12月第3週に公開される映画)を対象に、映画ランドサービス(アプリ、WEB)での「観たい」(もしくは試写会等で「観た」)のハートの数1つを1 Like! とし、Like! 数が多い作品から順に「映画ランド 新作期待度ランキング」として算出したものです。
    ・本ランキングは2018年12月第3週公開の作品を対象とし、12月2日時点のTOP5を発表したものです。
    ・リバイバル上映作品は本ランキングの対象外です。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で