故スタン・リー氏、『スパイダーマン:スパイダーバース』にカメオ出演

故スタン・リー氏が『スパイダーマン:スパイダーバースでカメオ出演を果たしているようだ。

スパイダーマン:スパイダーバース
『スパイダーマン:スパイダーバース』より

2019年38日(金)に日本での公開を予定している同作で、メガホンを取ったボブ・パーシケッティとロドニー・ロスマンによると、先月12日に他界したリーが複数のシーンで登場するという。

ロスマンは「映画の中で、スタン・リーが何度か登場します」と明かしており、一方のパーシケッティはリーが劇中で登場するシーンについて詳細に説明している。「映画を止めずに最も分かりやすいのは、ピーター(パーカー)とマイルス(モラレス)が列車から落ちて歩道に着地したところですね。彼らの匂いを嗅ぐ犬がいて、彼らを足蹴にするんです。それがスタン・リーなんです。帰宅途中といったところです」「しかし、まだまだ出番があると言っておきます。地下鉄のシーンなどです。もし一時停止をして見たら、大勢の人の中に彼がいます。あの人は、ニューヨーク中にいます。彼は忙しい人ですから」

また、共同監督を務めたピーター・ラムジーは、同作における製作プロセスは「とても生き生き」していたと振り返っている。「僕らは器に材料を入れて、混ぜてみて、味見してって言う風に本当に自由に製作したんだ。僕らの現状を確認して、また脚本に戻るってね。そういう感じだったんだ。『これが完成した脚本で、僕たちはきっちりそれに従います。それだけです』って感じではなく、プロセスを重視した映画作りだった」「だから、とても生き生きとしていたんだ」

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日(金)より全国公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバース

4.0
2019/3/8(金) 公開
出演
シャメイク・ムーア/ジェイク・ジョンソン/ヘイリー・スタインヘルド/ニコラス・ケイジ/キミコ・グレン/ジョン・モラニー ほか (日本語吹き替え)小野賢章/宮野真守/悠木碧 ほか
監督
ボブ・ペルシケッティ/ピーター・ラムジー/ロドニー・ロスマン