『九月の恋と出会うまで』高橋一生、川口春奈が心願成就祈願 “オリジナル絵馬”に「笑」「縁」

映画『九月の恋と出会うまで』を見てくれた人の幸せを願う祈願イベントが30日、都内・乃木神社にて行われ、高橋一生、川口春奈が出席した。

九月の恋と出会うまで

本作の公開に先駆けて、勝負と縁結びの神様が祀られ、縁結びや恋愛成就にご利益があると言われているパワースポット「乃木神社」にて行われたイベントに、W主演の高橋一生、川口春奈が登壇し、本作を観た人たちの幸せを願い、心願成就祈願をした。

九月の恋と出会うまで

祈願を終え、絵馬が並ぶ境内に登場した高橋は「こういった神殿できちんとお願いさせて頂くというのは中々ない機会ですので、より多くの人達が作品を観てくれて、その方達が幸せになってくれればいいな、とお願いしました」と祈願内容について話し、川口は「背筋がしゃんとしました。1人でも多くの人に映画が届いてくれればいいなと思いながら祈願しました」とコメント。

本作で初共演にしてW主演となる2人にそれぞれの印象を聞くと、高橋は「すごいチャーミングですし、コミカルです。勝手に僕が抱いていた川口さんのイメージが良い意味で毎日崩れていきましたね。とっても素敵な方でした」と話し、川口は「意外だったなという部分はなくて、とにかく優しいお兄さんでした」と高橋の印象について照れながら話した。

九月の恋と出会うまで

また、<時空を超える一途な想い>と<大切な人のためにつく切ないウソ>が感動的な本作で主演を演じるにあたり大切にしていたことは何か?と聞かれると高橋は「この役がどう思ってこの場にいるんだろうというようなことは常に意識しながらお芝居をしていました」と役への向き合い方を話した。

切ないウソをつくシーンもある本作について、これまでに大切な人の為についたウソはありますかという質問に高橋は「ウソついてばっかりだと思いますよ。日常的なことですけど、嫌だなと思うことを嫌だと言わないようにするとか。ウソは大事な事でもあるなと思ってます」とコメント。川口も「映画の中ほどの大きなウソはないですけど、同じ話をされても新鮮な反応をするとかですかね」と高橋同様、周囲を思い遣ってのウソについて話した。

九月の恋と出会うまで

さらに、タイムリープが題材となっている本作に因んで〈2人がタイムリープできるとしたら、行ってみたい時代はありますか?〉という質問が出ると、高橋は少し考えながら「2、3年くらい前に戻りたいですね。一時的に戻って、とっても声をかけたい人がいます」とコメント。川口は「特に大丈夫です。戻るのは(笑)」と語り、また「未来には行ってみたいか」という質問に対して川口が「変化は気になりますど・・・」と話し始めると、高橋が「知っちゃうと面白くないから僕は行かないかな」とコメント。

それを聞いた川口が「じゃあ行かない」と即座に話すなど、劇中通りの仲の良いやり取りを見せた。一途な思いが描かれる本作について、これまでの人生で2人が一途に思ってきたことやものについて聞かれると、高橋は「お芝居をしてきたやり方や向き合い方は変わってないと思います」と解答。

九月の恋と出会うまで

イベントの最後には、特別に用意した大きな“オリジナル絵馬”が登場。しばし悩んだ末に2人は願い事を書き披露すると、高橋は【出会った人達が一人でも多く笑っていますように】、川口は【縁】と記入。高橋は「長くなっちゃいましたけど、川口さんみたいに一言で表すなら【笑】という字です」と語り、川口は「ご縁を大切にしていきたいですし、どういう人に出会うかというのは大切だと思うので、これにしました」とコメントし、イベントは幕を閉じた。


松尾由美の“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた「九月の恋と出会うまで」を実写映画化した本作は、風変わりなマンションに引っ越した北村志織と、隣の部屋に住む小説家志望の男・平野進が、ある不思議な出来事を通して惹かれあっていくさまを描くラブストーリー。

小説家を目指している営業マンで、マンションの隣人・志織と一緒に未来から聞こえる声の主を探すことになる平野進役に、恋愛映画への主演は今回が初となる高橋一生。部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声に話しかけられ、現在の平野を尾行することになるOL・北村志織役に川口春奈が扮する。

映画『九月の恋と出会うまで』は3月1日(金)より全国公開

(C)松尾由美/双葉社(C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

九月の恋と出会うまで

九月の恋と出会うまで

4.4
2019/3/1(金) 公開
出演
高橋一生/川口春奈/浜野謙太/中村優子/川栄李奈/古舘佑太郎/ミッキー・カーチス ほか
監督
監督:山本透/原作: 松尾由美「九月の恋と出会うまで」(双葉社刊)