『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈が感動、androp内澤崇仁が主題歌を弾き語り生披露

映画『九月の恋と出会うまで』完成披露舞台挨拶が30日、都内・イイノホールにて行われ、高橋一生、川口春奈、山本透監督、主題歌「Koi」を担当したandropのボーカル・ギターの内澤崇仁が登壇した。

九月の恋と出会うまで

高橋、川口、監督が順に登壇すると会場から割れんばかりの大きな歓声が上がり、高橋は「こういった形で、作品を見た直後の皆さんのリアクションを見られるのは初めてなので、ずっとドキドキしていました」とコメント。川口も「こんなにたくさんの方に観ていただけて、本当に幸せです!皆さんがどのような感想を持っていただけたのか気になります!公開に向けて頑張っていくので、宜しくお願い致します!」と元気いっぱいに挨拶した。

MCから「時空を超えて届く一途な想いと、志織のためにつく切ないウソが感動的な本作ですが、平野を演じる上で意識したことはありますか?」との質問に、高橋は「川口さんや皆さんが、現場で作ってくださっている雰囲気にしっかりと反応していくというのを意識して演じました」と役作りに対する姿勢をコメント。

続いて、「志織は川口さんの実年齢より年上の設定ということで、演じる上で普段と違うことを意識しましたか?」との質問に、川口は「彼女は、すごく色んな戸惑いや葛藤など、感情の波がたくさんある役柄なのですが、平野さんと一緒にいることで、志織を引き出してくれることが多かったです」と撮影中の高橋との関係性を語った。

そして、本作の中でも印象的な時空を超えて声が聞こえてくるシーンの表現について聞かれた監督は「この映画を作る時、タイムトラベルものはたくさんあり、特に“本人”がタイムトラベルする設定が多いですが、本作はそれが“声”になるので、はじめは難しいと感じました。しかし、一生さんの説明がすごく上手く伝わってきたので、平野が志織に説明するシーンは気に入っています」と、高橋の演技を称賛した。

九月の恋と出会うまで

さらに、本作の主題歌「Koi」を担当したandropのボーカル・ギターの内澤崇仁が登壇。内澤は「めちゃくちゃ緊張する!」と言いながら特別に弾き語りで、「Koi」を初披露。ハートフルで心地の良いサウンドに、内澤のクリアな歌声が合わさり、会場は一体となって聞き入っていた。生歌を聴いた高橋は、「この歌で映画が完成されていると思います。僕もとっても聴いていて、すごく好きです」と曲への想いを語り、川口も「本当に贅沢で、映画の世界観にピッタリの曲を作ってくださり、あらためて音楽って大事だとすごく思いました」と感動していた。

九月の恋と出会うまで

イベントの最後に川口は、「純粋に誰かを思う気持ちとか、誰かを思って行動を起こすことなど、あらためて純粋でキレイなことだなって感じました。そんなメッセージが1人でも多くの人に届けば良いなと思います」と語り、高橋は「人が人を思う気持ちっていうのは混じりっ気のない純粋な気持ちだと思います。この映画を見ていただいた人達に、少しでもそんなあったかい気持ちに触れていただければと思います。また、多くの人に見ていただきたいという気持ちもありますが、自分の中で大事にしていただくだけでも十分です」とこれから見るファンに向けての想いを語り、イベントは幕を閉じた。


松尾由美の“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた「九月の恋と出会うまで」を実写映画化した本作は、風変わりなマンションに引っ越した北村志織と、隣の部屋に住む小説家志望の男・平野進が、ある不思議な出来事を通して惹かれあっていくさまを描くラブストーリー。

小説家を目指している営業マンで、マンションの隣人・志織と一緒に未来から聞こえる声の主を探すことになる平野進役に、恋愛映画への主演は今回が初となる高橋一生。部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声に話しかけられ、現在の平野を尾行することになるOL・北村志織役に川口春奈が扮する。

映画『九月の恋と出会うまで』は3月1日(金)より全国公開

(C)松尾由美/双葉社(C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

九月の恋と出会うまで

九月の恋と出会うまで

3.9
2019/3/1(金) 公開
出演
高橋一生/川口春奈/浜野謙太/中村優子/川栄李奈/古舘佑太郎/ミッキー・カーチス ほか
監督
監督:山本透/原作: 松尾由美「九月の恋と出会うまで」(双葉社刊)