『居眠り磐音』松坂桃李、令和の抱負は「豊かに」後輩・杉野遥亮の活躍に期待

映画『居眠り磐音』完成披露試写会が6日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、松坂桃李、木村文乃、芳根京子、杉野遥亮、南沙良、石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督が登壇した。

出演していたピエール瀧容疑者の逮捕報道を受け、代役に奥田瑛二を迎え、当該出演箇所を撮り直し予定通り5月17日(金)に公開を控える本作。“時代劇初主演”となる松坂が演じるのは、江戸で浪人暮らしをしながら、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う<時代劇史上最も優しい主人公>坂崎磐音。「居眠り磐音」の呼び名は剣を構えた様子が「居眠りをしている猫のよう」と評されたことに由来しており、颯爽と悪を斬る磐音の鮮やかな剣さばきを魅せている。

作品の完成に、松坂は「皆さんの応援と支えのおかげで、完成披露のところまで来ることができました!本当にありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝える。演じた磐音について「壮絶な運命を背負わなければいけなくなる。その運命と向き合いながら日々撮影に臨んでいました。気持ちを大事に大事にしながら、撮影を駆け抜けて行った思い出があります」とコメントした。

今回が5度目の共演となった松坂に対し、木村は「松坂さんなのか磐音なのかわからなくなるくらい、本当に磐音役がぴったりでした。これまで何度か共演させていただいているのですが、今まで見たどの背中よりも背負っているものが大きく見えていました。私が太陽として隣で頑張らねばと思っていたのですが、結局、松坂さんのお人柄の良さに私が救われていました」と絶賛。松坂は「とんでもない」と照れ笑いを浮かべていた。

イベントでは、キャスト陣が「令和の抱負」を直筆の掛け軸とともに披露する一幕が。松坂は「豊かに」と発表し、「自分自身も周りも含めて豊かにやっていきたい」と真摯に語る。続けて、同事務所の後輩・杉野を横目に「事務所がもっと豊かになればいいなぁと。ちょっと人数が少ないもので(笑)後輩も含めて頑張っていただいて!豊かになればいいなぁと思います。頑張ってほしい!応援してるぞ!」と期待を込める。杉野は「無言の圧を感じました…ギラッとした目線が(笑)」と受け止め、会場を沸かせた。

そんな杉野は「跳」と達筆を披露し、「『跳』と書いてバンジーと読みます。やがて子供とかに自慢できることはないか考えた結果、バンジーだったり空から飛ぶやつ(スカイダイビング)を…跳んでいけたらなと思います」とコメント。松坂は「自慢できることなんだよね?(笑)」とツッコミを入れると、杉野は「仕事でも跳べていけたらなという意味も込めました!」と付け加え、笑みをこぼしていた。

映画『居眠り磐音』は5月17日(金)より全国公開

(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

居眠り磐音

居眠り磐音

4.5
2019/5/17 (金) 公開
出演
松坂桃李/木村文乃/芳根京子/柄本佑/杉野遥亮/佐々木蔵之介/陣内孝則/谷原章介/中村梅雀/柄本明 ほか
監督
監督:本木克英/原作:居眠り磐音