【注目新作】『チア男子!!』『轢き逃げ ー最高の最悪な日ー』ほか公開

〈5月10日(金)より公開の新作映画をご紹介!〉

チア男子!!』(5.10[金]公開)

チア男子
(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

「桐島、部活やめるってよ」で知られる小説家・朝井リョウの第2作目となる青春小説「チア男子!!」を実写映画化する本作。朝井が大学在学中に、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングを男子がやる男子チアチーム“SHOCKERS”をモデルに執筆したもの。

物語は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希が怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬とともに男子チアチームの結成をめざす青春物語。横浜流星が男子チアの世界へ飛び込む坂東晴希を、中尾暢樹が男子チアチーム「BREAKERS」の発起人・橋本一馬を演じるほか、浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智らが共演。監督を、『帝一の國』『恋は雨上がりのように』のスピンオフドラマなどを手がける弱冠27歳の新星・風間太樹が務める。

轢き逃げ ー最高の最悪な日ー』(5.10[金]公開)

轢き逃げ
(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

監督デビュー作となる映画『TAP -THE LAST SHOW-』の圧巻のダンス映像による青春群像劇から一転、水谷豊監督は初となる脚本も担当し、普段他人に見せる事のない“人間の心の奥底”に切り込んでいく本作。主演の2人、中山麻聖・石田法嗣をオーディションで選び、若手注目株の小林涼子・毎熊克哉を起用。檀ふみ、岸部一徳のベテラン勢とともに、密度の濃い極限の人間ドラマを作りあげた。予測不能のサスペンスから深い感動へと誘う展開に、マスコミ向け試写でも「先が読めない」「思いもよらぬ展開に涙した」と絶賛の声が相次いでいる。

ラ・ヨローナ ~泣く女~』(5.10[金]公開)

ヨローナ
(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ヨローナとは古くから中南米に伝わる呪われた存在。それは、かつて愛する夫が浮気をしたことにより、女は嫉妬に狂い、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女。その後悔から彼女は嘆き苦しみ、遂には正気を失って自ら川に身を投げ、呪いとなってこの世を彷徨っている。ヨローナの涙は今も枯れることはない。彼女は水のあるところに現れる。決して、水のある所に近づいてはいけない。

「僕らがよく観るタイプのホラーとは一線を画した恐怖を描く」とワン自ら新たな恐怖に自信をみせるホラー映画。監督は、『死霊館』第3弾の監督を務めた新鋭マイケル・チャベス。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本ゲイリー・ドーベルマンがワンとともに製作に名を連ねる。主人公のソーシャルワーカーの女性アンナ役にリンダ・カデリーニ、彼女の子どもエイプリルとクリスをマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウがそれぞれ演じる。

オーヴァーロード』(5.10[金]公開)

オーヴァーロード
© 2018 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などで知られるJ.J.エイブラムス製作のサバイバル・アクション大作。1944年、第二次世界大戦下。ノルマンディー上陸作戦が開始された直後、ナチス占領下のフランスに重要な使命の元、落下傘部隊が送り込まれる。決死の激戦の末、生き残った兵士たちはナチスにより要塞化した教会に潜りこむが、地下の謎めいた研究所で彼らが遭遇したのは、誰も見たことのない敵だった。

チケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

チア男子!!

チア男子!!

4.8
2019/5/10 (金) 公開
出演
横浜流星/中尾暢樹/浅香航大/瀬戸利樹/岩谷翔吾/菅原健/小平大智/伊藤歩/清水くるみ/唐田えりか ほか
監督
風間太樹
轢き逃げ ー最高の最悪な日ー

轢き逃げ ー最高の最悪な日ー

3.5
2019/5/10 (金) 公開
出演
中山麻聖/石田法嗣/小林涼子/毎熊克哉/水谷豊/檀ふみ/岸部一徳 ほか
監督
水谷豊
ラ・ヨローナ ~泣く女~

ラ・ヨローナ ~泣く女~

3.5
2019/5/10(金) 公開
出演
リンダ・カデリーニ/マデリン・マクグロウ/ローマン・クリストウ/レイモンド・クルツ/パトリシア・ベラスケス ほか
監督
マイケル・チャベス
オーヴァーロード

オーヴァーロード

4.3
2019/5/10 (金) 公開
出演
ジョヴァン・アデポ/ワイアット・ラッセル/ピルー・アスベック/マティルド・オリヴィエ/ジョン・マガロ/イアン・デ・カーステッカー ほか
監督
ジュリアス・エイヴァリー