タロン・エガートンが名曲を吹替なしで熱唱、“エルトン・ジョン”の半生描く『ロケットマン』本編映像

タロン・エガートン主演、伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を描く映画『ロケットマン』のポスタービジュアルと本編映像が解禁となった。

ロケットマン

エルトン・ジョン”を演じるタロン・エガ-トンのほか、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、『シンデレラ』のリチャード・マッデンら実力派キャストが集結。昨年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』では製作総指揮を務め、監督のブライアン・シンガーが撮影中に降板した後には、監督を代行し、作品を完成させたことでも話題を呼んだデクスター・フレッチャーが監督を務める。

1975年にドジャー・スタジアムで開催され、満身創痍の状態にもかかわらず圧巻のパフォーマンスを行ったと名高い、音楽史に残る伝説として語り継がれるライブシーンを再現したポスタービジュアル。お馴染みのド派手なユニフォーム風の衣装に身を包んだエルトンが、夜空に浮かぶ無数の星と大きな照明に照らされながら、満員の観客に向けて大熱唱する姿に、「誰からも愛されなかった少年。なぜ彼の歌は時代を超えて愛されているのか」と、コピーが入り、波乱に富んだ道のりを乗り越え、ファンに愛された音楽史に残るカリスマの半生を印象的に物語るビジュアルとなっている。

ポスターと同様のライブシーンが収められた本編映像では、10万人以上もの熱狂的なファンで溢れ返っていたという会場の様子も、実際にステージ上でバッティングを行ったというエルトンならではの圧巻のパフォーマンスも、タロンの熱演と力強い歌声によって見事に再現。観客の大歓声を全身に浴びながら名曲「ロケット・マン」を熱唱する一方で、ステージに上がる寸前のエルトンからは微かに曇った表情も垣間見え、輝かしい活躍の影に存在したエルトンの壮絶な半生がどのように描かれていくのか。

コレクターズ・ミュージック・カード(豪華台紙付)特典付きのムビチケカードが、6月7日(金)に発売が決定。ムビチケカード1枚につき、それぞれの歌詞の一節が入った「ロケット・マン」カード、「ユア・ソング」カードのいずれか一枚が付いてくる。

映画『ロケットマン』は8月23日(金)より全国公開

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ロケットマン

ロケットマン

4.3
2019/8/23(金) 公開
出演
タロン・エガ-トン/ジェイミー・ベル/ブライス・ダラス・ハワード/リチャード・マッデン ほか
監督
デクスター・フレッチャー