『ロケットマン』タロン・エガートン初来日、ファン約600人に笑顔で神対応

映画『ロケットマン』主演のタロン・エガートンが初来日。8月13日(火)15:30頃、羽田空港国際線到着ロビーでファンとの交流を楽しんだ。

音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を映画化したミュージック・エンターテイメント。

本作で実在する伝説のミュージシャン、エルトン・ジョンを演じたタロン・エガートンが、映画のプロモーションのために来日。「キングスマン」シリーズをはじめとするヒット作の活躍で、すでに日本でも数多くのファンが存在しているタロンだが、映画のプロモーションにおける日本への訪問は今回が初めて。

羽田空港の到着ロビーでは、多くの報道陣と、来日の情報を聞きつけた大勢のファンが約600人も押しかけ、「Taron! Welcome to Japan!」と書いたボードや、エルトン・ジョンのド派手なサングラスを模した本作ならではの手作りのパネルなどを手に、タロンの到着をいまかいまかと待ちわびていた。

まもなくタロン・エガートンが姿を現すと、瞬く間に黄色い歓声に包まれ、空港一辺が一気にヒートアップ!それぞれが、サインや記念撮影を求めて「タロンー!」と大声で呼びかけるなか、タロンは一人一人のファンの前に笑顔で立ち止まり、神対応を発揮!あまりの嬉しさに涙を見せるファンも続出するなど、タロンに対する日本のファンの熱さを証明する結果となった。

マスコミの前にも姿を現したタロンは「日本はずっと来たいと願っていた場所だったから、こうやって訪れることができてとても嬉しいよ!こんなにたくさんのファンに出迎えてもらって幸せです。みんなありがとう!」と笑顔でコメントを寄せた。

去り際に、再びファンの元へ舞い戻り、手を振ったり、ハイタッチをするなど、初めての来日とは思えないほど、熱狂的なファンの歓迎に名残惜しい表情を見せていたタロン。Twitterでもタロンの愛称である、「タロンくん」でトレンド入りを果たしており、早くも日本中から多くの注目を集めている。タロンと、デクスター・フレッチャー監督は8月15日(木)に開催されるジャパンプレミア ブルーカーペット・イベントに登壇予定だ。

映画『ロケットマン』は8月23日(金)より全国公開

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ロケットマン

ロケットマン

4.1
2019/8/23(金) 公開
出演
タロン・エガ-トン/ジェイミー・ベル/ブライス・ダラス・ハワード/リチャード・マッデン ほか
監督
デクスター・フレッチャー